ようやく秋の気温の訪れも、台風の北上に注意

日本付近の雲と地上天気図(9月17日18時)

関東の天気

 関東地方は、高気圧からの寒気と、南岸に停滞していた前線上に発生した低気圧による雨で、ようやく秋の気温となっています(図1)。

図1 予想天気図(9月18日9時の予想)
図1 予想天気図(9月18日9時の予想)

 日本付近の9月18日9時の雨と風の分布予報をみると、ほぼ東西に延びている雲の帯の中で、紀伊半島の南海上に風が渦をまいています(図2)。

図2 日本付近の雨と風の予想(9月18日9時の予想)
図2 日本付近の雨と風の予想(9月18日9時の予想)

 この時刻における低気圧の位置が、紀伊半島の南海上ということになります。

 この低気圧が東進して東海から関東に雨を降らせますが、雨の中心は千葉県です(図3)。

図3 被災地である千葉県・木更津の時系列予報
図3 被災地である千葉県・木更津の時系列予報

 何が起きるのかわからずに発生した一次災害と違って、二次災害として何が起きるのか予測できます。

 被災したなかで行う防災活動には困難を伴っていますが、二次災害は防ぐことができる災害です

 台風15号の大災害からの復旧が遅れている千葉県は、二次災害がおきやすい状態が続いています。

 最新の気象情報に注意し、防災活動で二次災害を防いで欲しいと思います。

東京の気温変化

 東京では、9月17日(火)の最高気温が31.1度で真夏日(最高気温が30度以上の日)になりましたが、18日の最高気温の予想が22度となっています。

 平年より4度も低くなり、暑さに慣れた体には、非常に寒く感じると思いますが、翌日、18日は平年より2度高くなるなど、平年値を挟んでの寒暖です(図4)。

図4 東京の8月と9月の最高気温と最低気温(9月18~24日は気象庁、9月25~27日はウェザーマップの予報)
図4 東京の8月と9月の最高気温と最低気温(9月18~24日は気象庁、9月25~27日はウェザーマップの予報)

 東京では、9月に入っても、上旬に最高気温が35度以上の猛暑日があったり、中旬にも最高気温が30度以上の真夏日があったりと、厳しい残暑が続いていましたが、9月18日以降は真夏日には達しない予報です。

 ここへきて、ようやく秋の気温になったと言えそうです。

 各地の週間天気予報でも、沖縄の連日の最高気温30度をのぞくと、最高気温が30度を超す日がほとんどありません。札幌では最高気温が20度を切るようになってきました(図5)。

図5 各地の週間天気予報(気象庁発表、数値は最高気温)
図5 各地の週間天気予報(気象庁発表、数値は最高気温)

熱帯低気圧の動き

 ようやく秋の気温が訪れたといっても、気になることがあります。

 それは、沖縄の南海上の熱帯低気圧です。

 この熱帯低気圧は、現時点で、雲の渦の中心付近に発達した積乱雲はなく、すぐには台風に発達することもなく、ゆっくり北上中です。

 しかし、日本の南海上の熱帯低気圧が発達しながら北上し、9月20日21時には、南西諸島に強い雨と風をもたらしそうです(図6)。

図6 雨と風の予想(9月20日21時の予想)
図6 雨と風の予想(9月20日21時の予想)

 この熱帯低気圧が発達して台風になるかどうか、台風になったらどのような動きをするのかは、現時点でははっきりしていません。

 もし、発達して台風となり、北上して東シナ海から日本海に進んだ場合は、再び日本に暖気を持ち込み、天気予報を覆す可能性もあります。

 各地の秋分の日を含む三連休の天気は、沖縄の南海上の熱帯低気圧の動向によって大きく変わります。

 最新の気象情報の入手に努め、熱帯低気圧の動向に注意が必要です。

タイトル画像、図2、図3、図5、図6の出典:ウェザーマップ提供。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図4の出典:気象庁資料とウェザーマップ資料をもとに著者作成。