平成は最初の日も最後の日も雨

マンションベランダの雨の水滴(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

雨なし記録

 昭和64年(1989年)1月7日午前6時33分、昭和天皇のご容体が急変し、ご逝去されました。

 そして、翌1月8日、平成がスタートしました。

 明治、大正は、天皇陛下のご逝去の日に改元でしたが、昭和は翌日でした。

 平成最初の日、平成元年(1989年)1月8日は、東シナ海で発生した低気圧が本州を東進し、ほぼ全国的に雨となりました。

 関東地方でも明け方から雨となり、東京でも日降水量が1ミリ以上の雨(日雨量7.5ミリ)を観測しました。

 東京で1ミリ以上の雨を観測したのは、前年11月29日に5.0ミリを観測して以来、39日ぶりの雨でした。

 明治9年(1876年)の観測開始以来、史上4位の雨無し記録でしたが、0.0ミリの極く弱い雨であれば、前日の7日にも降っていまし、一週間前の1月1日も0.0ミリの極弱い雨が降っていました。

関東に久し振りの雨--東京の雨なし記録は39日でストップ

 昨年十一月末からカラカラ天気が続いた関東地方に八日、久しぶりに雨が降った。

 気象庁によるとこの雨は西から低気圧が接近してきたため。東京では同日午前零時二十分から降り出し、十一月三十日から続いていた雨なし記録は三十九日でストップ。横浜、甲府は四十四日、宇都宮四十日、千葉は三十四日で終止符をうった。

 東京の三十九日は、明治九年に同庁が雨量を測り始めてから四番目の記録。

出典:毎日新聞(平成元年(1989年)1月9日朝刊)

 平成最初の雨は、低気圧に向かって暖気が入ったため、東京の最高気温は10.0度など、1月としては冷たい雨ではありませんでした。

ゴールデンウィーク前半と平成最後の雨

 「史上最大の十連休」ともいわれるゴールデンウィークが始まりました。

 ゴールデンウィーク前半は、大きな移動性高気圧に覆われ、沖縄県先島諸島を除いて、晴天のところが多くなっています(図1)。

図1 ゴールデンウィーク前半の晴天をもたらす高気圧(4月27日21時)
図1 ゴールデンウィーク前半の晴天をもたらす高気圧(4月27日21時)

 北日本には、上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気が南下していますので、晴れても最高気温が上がらず、過ごしやすい暖かさです(図2)。

図2 平成最後の寒気(4月25日夜の上空5500メートルの気温)
図2 平成最後の寒気(4月25日夜の上空5500メートルの気温)

 

 しかし、この爽やかな晴天は長続きしません。

 中国南部にある前線が次第に活発化し、北上してくるからです。

 このため、週明けの4月29日は、西日本から東日本へ雨域が広がってきます。

 そして、平成最後の日、平成31年(2019年)4月30日は、北日本と沖縄で曇りのほかは雨になりそうです(図3)。

図3 平成最後の日の雨(4月30日夜)
図3 平成最後の日の雨(4月30日夜)

 しかも、その雨は警報をもたらす可能性があるほど、まとまった雨です。

 東日本の太平洋側から西日本にとっての平成は、雨の日で始まり、雨の日で終わりそうです。

ゴールデンウィーク後半の天気

 平成最後に雨を降らせた低気圧により、5月1日は改元の日もほぼ全国的に雨となります。

 令和も平成と同じく、雨で始まりますが、ゴールデンウィーク後半は晴の日が多い予報です(図4)。

図4 全国の10日間予報
図4 全国の10日間予報

 ただ、令和最初の寒気が南下してきますので、大気が不安定になります(図5)。

図5 令和最初の寒気(5月2日朝の上空5500メートルの気温)
図5 令和最初の寒気(5月2日朝の上空5500メートルの気温)

 

 平成最後の寒気に比べれば、寒気の規模は小さいのですが、寒気の強さは同程度です。

 局地的に大気が不安定となって積乱雲が発達し、雷雨や突風になることがあります。

 ゴールデンウィーク後半は、晴れていても天気予報に注意し、黒い雲を発見するなどしたら、安全な場所への移動が必要です。

図1、図2、図3、図4、図5の出典:ウェザーマップ提供。