西日本は平成惜別の「昭和の日」の雨

目黒川沿いの道(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

4月の夏日

 平成31年(2019年)4月22日は移動性高気圧に覆われ、南からの暖気流入と強い日射により各地で気温が上昇しました。

 このため、東京で最高気温が25.6度など、気温を観測している全国926地点の約3分の1にあたる305地点で、最高気温が25度以上という夏日になりました。

 20日ほど前には、最低気温が氷点下となる冬日が過半数であったことを考えると、平成最後の月は、「季節が冬から夏に変わった月」ともいえるでしょう(図1)。

図1 平成31年(2019年)4月の夏日と冬日の推移
図1 平成31年(2019年)4月の夏日と冬日の推移

 東京の最低気温と最高気温の推移をみても、4月26~27日については誤差幅が大きいのですが、このまま平年並みか平年より高い気温で平成が終われそうです(図2)。

図2 東京の4月から5月の最高気温と最低気温の推移(4月23~29日は気象庁、4月30日~5月2日はウェザーマップの予報)
図2 東京の4月から5月の最高気温と最低気温の推移(4月23~29日は気象庁、4月30日~5月2日はウェザーマップの予報)

平成惜別の雨

 平成最後のまとまった雨は、西日本では「昭和の日」の4月29日になりそうです。

 前線を伴なった低気圧が九州南部を通過する見込みで、九州南部では、まとまった雨になりそうです(図3)。

図3 降水量分布の予想(4月29日夜)
図3 降水量分布の予想(4月29日夜)

 「昭和の日」は、平成19年1月1日施行の改正祝日法で新設された祝日ですが、それまでの4月29日は「みどりの日」で祝日でした。

 青葉若葉を成育させる、平成惜別の雨になりそうです。

 西日本に平成惜別の雨をもたらす低気圧は、本州南岸を離れて通過するため、東日本は、低気圧通過後に大気不安定で生じる雨が、平成惜別の雨になりそうです(図4)。

図4 降水量分布の予想(4月30日夜)
図4 降水量分布の予想(4月30日夜)

 一方、沖縄地方では、平成の終わりから令和にかけて、前線による雨の日が続くようになります。

 沖縄の梅雨入りの平年は5月9日、最も早かったのは昭和55年(1980年)の4月20日ですので、「平成最後の梅雨入り」となってもおかしくありません。

 平年通りであれば、沖縄は「令和最初の梅雨入り」となります。

図1の出典:ウェザーマップ資料をもとに著者作成。

図2の出典:気象庁資料とウェザーマップ資料をもとに著者作成。

図3、図4の出典:ウェザーマップ提供。