春の嵐と沖縄の走り梅雨

予想天気図(4月14日21時の予想)

==日本海低気圧==

 平成31年(2019年)4月14日(日)3時現在、黄海に低気圧があり、この低気圧に伴う雲が日本海に入りつつあります(図1)。

図1 日本海に入りつつある低気圧の雲(4月14日3時)
図1 日本海に入りつつある低気圧の雲(4月14日3時)

 この段階では、低気圧には前線がついていませんが、日本海に入って発達し、寒冷前線や温暖前線がはっきりしてきてから日本を通過します(タイトル画像参照)。

 今後、日本海の低気圧に向かって、暖かくて湿った空気が日本列島に流入しますので、大気が不安定となり、ほぼ全国的に強い風が吹き、局地的な豪雨と落雷の恐れがあります(図2)。

図2 日曜日夜の雨と風(4月14日21時)
図2 日曜日夜の雨と風(4月14日21時)

 特に寒冷前線が通過する頃が大荒れとなり、要注意です。

 日本海の低気圧は、北海道に近づく頃から動きが遅くなり、15日(月)の日中に北海道を通過するため、週明けの北日本から西日本では、強風の影響が続く見込みです。

 最高気温は北日本を中心に平年より高くなる見込みで、低気圧が通過する北海道では、山の一部を除いて雪ではなく雨が降るでしょう。

 春は北からの冬の寒気が残っているところに、南から夏の暖気が入ってくることが多く、日本付近で低気圧が発達しやすいという特徴があります。

 2月の「春一番」に始まって5月の「メイストーム」まで、春は嵐の季節です。発達した低気圧による暴風に注意が必要です。

 そして、春の嵐に対する暴風に注意が必要なくなったときは、初夏の梅雨による雨に警戒の季節となり、それが終わると、夏の台風に対して警戒する時期に入ります。

 つまり、日本列島は、形を変えるものの、自然災害が発生しやすい状態が一年中続きます。

沖縄の走り梅雨

 各地の10日間予報を見ると、4月14日の低気圧が通過後は晴れの日が多いのですが、沖縄地方だけは、停滞前線が発生しやすくなることから、雨や曇りの日が続きます(図3)。

図3 各地の10日間予報
図3 各地の10日間予報

 那覇や宮古島など、沖縄地方は、走り梅雨の気配になってきました。

 梅雨の統計がある昭和26年(1951年)以降、沖縄の梅雨入りは5月上旬から5月中旬で、4月に梅雨入りしたのは、全体の約7%(68年のうち5年)しかありません(図4)。

沖縄地方の4月の梅雨入り

昭和31年(1956年)4月28日

昭和55年(1980年)4月20日

平成 8年(1996年)4月29日

平成10年(1998年)4月25日

平成23年(2011年)4月30日

図4 沖縄の梅雨入り
図4 沖縄の梅雨入り

 ちなみに、6月の梅雨入りは、全体の約3%です。

沖縄地方の6月の梅雨入り

昭和38年(1963年)6月4日

平成30年(2018年)6月1日

 沖縄地方の梅雨入りの平年(昭和56年~平成22年(1981年~2010年)の平均)は5月9日です。

 4月14日現在、沖縄付近にある停滞前線は、前線上に発生した低気圧の東進とともに、一旦消えますので、過去最速の4月20日より前に梅雨入りということはないとは思いますが、まもなく沖縄が梅雨入りです。

 そして、沖縄の梅雨入りの約1ヶ月後、西日本から東日本でも梅雨入りになります。

タイトル画像の出典:気象庁ホームページ。

図1、図2、図3の出典:ウェザーマップ提供。

図4の出典:気象庁資料をもとに著者作成。