「小寒」に強い寒気の南下

冬 小寒 雉始鳴(提供:アフロ)

寒の入り

 暦の上では1月6日は「小寒」、寒気がようやく強くなる頃です。この日から寒の入りに入ります。

 「年賀状」を出し忘れた人は、年賀状ではなく、「寒中見舞い」を出すことになります。

 2週間後の1月20日が「大寒」で寒さが最も厳しくなる頃で、2月4日の「立春」まで、寒さが続くというのが暦の上の話です。

 しかし、西高東低の冬型の気圧配置が強まり、北海道の上空約5500メートルには氷点下36度以下と、大雪の目安の気温となるほどの強い寒気がはいっています(図1)。

図1 地上天気図と衛星画像(1月5日21時)
図1 地上天気図と衛星画像(1月5日21時)

 このため、新千歳空港では、短時間強雪で欠航が相次ぎ、Uターン客を直撃しています(図2)。

図2 千歳における風速と降雪量、積雪量
図2 千歳における風速と降雪量、積雪量

 アメダスによると千歳では、夕方から10メートル前後の強い風が吹き、18時までの1時間に8センチという強い雪が降っています。このため、滑走路の除雪が間に合わず、欠航につながっています。

 ただ、1月5日の降雪量は合計24センチに達していますが、日降水量(雪を溶かして雨量に換算した量)の観測は4.5ミリにすぎません。

 湿った雪であれば、日降水量が4.5ミリなら降雪量は5センチ程度ですので、非常に乾いた、日降水量の割には、降雪量の多い雪(ふわふわした雪)ということがわかります。

一旦弱まっても

 冬型の気圧配置は次第に弱まり、同じ西高東低の冬型の気圧配置でも、等圧線の間隔が広く、寒気の南下が弱いものになります(図3)。

図3 予想天気図(1月7日9時の予想)
図3 予想天気図(1月7日9時の予想)

 1月6日の予想降雪量は、多い所でも20センチ以下です(図4)。

図4 予想降雪量(1月6日0時から7日0時)
図4 予想降雪量(1月6日0時から7日0時)

 しかし、1月8日には再び強い寒気が南下してきます(図5)。そして、西高東低の冬型の気圧配置が強まります。

図5 日本上空約5500メートルの気温(1月8日夜)
図5 日本上空約5500メートルの気温(1月8日夜)

 寒さが一時和らぐのは週末になりそうです。

寒四郎と寒九

 寒に入って4日目のことを「寒四郎」といいます。

 この日の天候が麦の収穫に影響があるとされています。晴れれば豊作と言われています。

 寒に入って9日目のことを「寒九」といいます。

 この日の雨は「寒九の雨」と呼ばれ、薬として珍重されたり、豊饒の兆しとして喜んだといわれています。

 各地の10日間予報をみると、寒四郎はどちらかといえば晴れのところが多く、麦は豊作ということになります。

 ただ、寒九の雨(14日の雨)は、現時点の予報ではなさそうです(図6)。

図6 各地の10日予報
図6 各地の10日予報

図1、図4、図5、図6の出典:ウェザーマップ提供。

図2の出典:気象庁資料をもとに著者作成。

図3の出典:気象庁ホームページ。