南岸低気圧通過後は再び寒波襲来

ブランケットに包まれる豆芝(写真:アフロ)

年末寒波

 平成30年(2018年)年の年末は、西高東低の冬型の気圧配置が強まり、等圧線の間隔が狭くなって強い風が吹き、強い寒波が南下して全国的に寒くなりました。

 文字通りの年末寒波でした。

 東日本から西日本の平野部で初の冬日(最低気温が0℃未満の日)、初霜、初雪、初氷など、冬の現象を観測しています。

 東京では12月29日に今冬初の冬日となり、その2日後の31日には初氷となりました。

 正月三が日は、冬型の気圧配置が弱まり、等圧線の間隔が広くなっています。

 日本海側では雪や雨、太平洋側では晴れの天気が続いても、風が弱くなり、大雪にはなりませんでした。

 仕事はじめの1月4日は、大陸の高気圧の一部が移動性高気圧になり、その後を、東シナ海で発生した低気圧が本州の南岸を通過します(図1、図2)。

図1 地上天気図(1月4日6時)
図1 地上天気図(1月4日6時)
図2 予想天気図(1月5日21時の予想)
図2 予想天気図(1月5日21時の予想)

南岸低気圧

 南岸低気圧が通過するときには、南から暖気が入って気温があがりますが、その後は、西高東低の冬型の気圧配置となって、年始寒波が南下してきます。

 年末寒波より勢力はやや弱いのですが、大きく南下してきますので、東日本から西日本では年末寒波以上に寒くなり、それが続きます。

 東京でも、6日の最高気温が6度までしかあがりません(図3、4~10日は気象庁の予報、11日以降はウェザーマップの予報)。

図3 東京の最高気温と最低気温の推移(4日以降は予報)
図3 東京の最高気温と最低気温の推移(4日以降は予報)

 ただ、南岸低気圧の予想は難しく、東京の週間天気予報をみても、6日の信頼度はCです。  

 7日以降の信頼度がAですので、最新気象情報の入手が必要です(図4)。

図4 東京地方の週間天気予報
図4 東京地方の週間天気予報

 日本上空の約5500メートルには、氷点下30度以下の寒気が入り続けますので、全国的に寒い1週間となります(図5)。

図5 日本上空の約5500メートルの気温予想(1月6日夜)
図5 日本上空の約5500メートルの気温予想(1月6日夜)

 来週は年始寒波に注意が必要です。

図1、図2、図4の出典:気象庁ホームページ。

図3の出典:気象庁ホームページとウェザーマップ資料をもとに著者作成。

図5の出典:ウェザーマップ提供。