近畿地方で「木枯らし1号」、島嶼部を除く東京都はいつ

木枯らし(ペイレスイメージズ/アフロ)

木枯らし

 晩秋から初冬にかけて、木の葉を吹き散らす北よりの冷たい強風を木枯らしと言います。凩とも書きます。

 冬の季節風の先陣であり、木枯らしが吹くときは、冬支度の始めるときと言われます。このため、気象庁では、その年に初めて吹く木枯らしを「木枯らし1号」として、近畿地方と島嶼部を除く東京都(東京地方)だけにお知らせを発表しています。

 問い合わせが多いことから始めたサービスで、「春一番」など防災の要素が強い情報とは少し違うものです。

近畿地方で「木枯らし1号」

 大阪管区気象台気象防災部予報課は、11月23日午前に、「昨日(11月22日)、近畿地方で木枯らし1号が吹きました」と発表しました。

 近畿地方の「木枯らし1号」の発表基準は、次の4点です。

・霜降(10月23日頃)から冬至(12月22日頃)までの期間。

・西高東低の冬型の気圧配置になっている。

・西北西から北北東の風(北よりの風)で、最大風速が秒速8メートル以上を観測した近畿地方の気象台・特別地域気象観測所が3地点以上(大阪・神戸・彦根・奈良・和歌山・京都・舞鶴の7地点のうち3地点以上)。

・発表時刻は9時から17時の間(従って15時までの観測データを利用)。

 今冬で、この4点を最初に満たしたのが11月22日だったので、平成30年(2018年)の「近畿地方の木枯らし1号」は11月22日です。

 ただ、11月22日の15時までに基準を満たしていたのは神戸だけで、他の6地点の最大風速は毎秒8メートルを越えていませんでしたので、11月22日の「木枯らし1号」の発表はありませんでした。

 その後、風が強まり、日付が変わる前に和歌山と彦根で最大風速が毎秒8メートルを越えて基準を満たしたので、「昨日吹きました」と、11月23日に発表になったのです(表)。

表 「近畿地方の木枯らし1号」の判定(11月22日)
表 「近畿地方の木枯らし1号」の判定(11月22日)

 平成15年(2003年)の「木枯らし1号」は12月19日であるなど、12月の「木枯らし1号」が少なくありませんので、記録的と言うわけではありません。ただ、前年より 23日も遅く、13年ぶりの遅い「木枯らし1号」でした。

基準が全く違う東京地方

 東京地方の「木枯らし1号」は、気象庁予報部予報課の天気相談所がお知らせを発表していますが、平成30年(2018年)は、まだ発表はありません。

 東京地方の発表基準の考え方は、近畿地方の発表基準の考え方とは少し違います。

 西高東低の冬型の気圧配置というのは同じですが、「10月半ばから11月30日までの期間」、「東京(千代田区)で北から西北西の風で毎秒8メートル以上」というのが発表基準です。

 つまり、現時点で東京地方の「木枯らし1号」は発表されていませんが、近畿地方と違って12月になれば、自動的に「今年、平成30年(2018年)は木枯らし1号がなかった」ということになります。

 図は、上空約5500メートルの寒気の予想です。

 北極から南下した上空の大きな寒気の塊の周辺で、少し寒気が南下している場所がいくつかあります。それが周期的に北日本を通過するのですが、大きく寒気が南下するというものではありません(図)。

図 上空約5500メートルの寒気の予想(11月25日朝)
図 上空約5500メートルの寒気の予想(11月25日朝)

 このため、残りの一週間で強い西高東低の冬型の気圧配置となって「東京地方で木枯らし1号」が吹くかどうかは微妙です。

 とはいえ、季節は着実に冬に向かっています。

図の出典:ウェザーマップ提供。

表の出典:気象庁資料をもとに、著者作成。