東京で最高気温15度の寒気 北海道では高温の異常天候早期警戒情報

北海道(写真:アフロ)

強い寒気が南下

 北海道上空約5500メートルでは、氷点下18度以下の寒気流入が続いていましたが、10月18日以降は、強い寒気が東日本から西日本まで南下してきます(図1)。

図1 上空約5500メートルの寒気(10月18日朝)
図1 上空約5500メートルの寒気(10月18日朝)

 このため、各地で今冬一番の寒さとなります。

 10月に入っても最高気温が30度を超える日があった東京でも、19日(金)の最高気温は15度までしか上がらない予報です(図2)。

図2 東京の最高気温と最低気温(平成30年10月)
図2 東京の最高気温と最低気温(平成30年10月)

10月18日10時追記:

 新しい予報では、東京(都心部)の金曜日の最高気温の予報が、17度と少し上がりました。

 そして、来週の東京は最高気温が21度前後、最低気温が12~13度という日が続きます。

 全国各地の天気と最低気温の予想を見ても、沖縄を除くと、今週は本州南岸の前線の影響を受ける東日本では、植物の活動が活発になりはじめる目安の15度を超える日もありますが、ほとんどの日は晴れて15度を下回ります(図3)。

図3 全国各地の天気と最低気温の予想
図3 全国各地の天気と最低気温の予想

 1ヶ月も季節が進んだような寒さとなり、北海道では10度以下、霜がおりるような気温が続きます。

 しかし、北海道には、「高温に関する異常天候早期警戒情報」が10月15日(月)に発表となっています。低温ではなく、高温に関する異常天候早期警戒情報です(図4)。

図4 異常天候早期警戒情報(10月15日14時30分発表)
図4 異常天候早期警戒情報(10月15日14時30分発表)

異常天候早期警戒情報

 異常天候早期警戒情報は、5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表される情報です。また、11月から3月の間は、7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表される情報です。

高温に関する異常天候早期警戒情報(北海道地方)

平成30年10月15日14時30分 札幌管区気象台 発表

要早期警戒(気温)

警戒期間 10月21日頃からの約1週間

対象地域 北海道地方

警戒事項 かなりの高温(7日平均地域平年差+1.9度以上)

確率   30%以上

今回の検討対象期間(10月20日から10月29日まで)において、北海道地方では、10月21日頃からの1週間は、気温が平年よりかなり高くなる確率が30%以上と見込まれます。農作物の管理等に注意してください。なお、北海道地方では、18日頃まで気温が平年より低い日がある見込みです。

10月18日15時追記:

 10月18日発表の「高温に関する異常天候早期警戒情報(北海道地方)」でも、10月23日頃からの約1週間も、かなりの高温(7日平均地域平年差でプラス1.9度以上)としています。

 北海道では、寒さが続いていましたが、週末の強い寒気が通過したあとは、高気圧の後面に入って南から暖気が入りやすくなり、高温になります。しかし、そのほかの地方は、そこまで暖気が入らず、平年より低い気温が平年並みに戻る程度です(図5)。

図5 約1500メートル上空の気温偏差の推移
図5 約1500メートル上空の気温偏差の推移

農作物に危険なタイミング

 季節が順調に秋から冬に向かう場合の植物は、冬の寒さに備えて活動の休止などをしますが、秋に寒さが続いたあとに暖気が入ると、植物が勘違いをし、生育を始めます。

 春に咲く桜が秋に咲いたという、不時現象(ふじげんしょう)がよくニュースとして取り上げられますが、秋に咲いた桜の分だけ春に咲く桜は減ります。

 桜の場合は、秋に咲いたとしても、ごく一部ですので、春の花見には影響がないと思われますが、今の時期に北海道に暖気が入るのは、北海道の農作物にとって、その後にやってくる寒気の影響で大きなダメージを受ける可能性が高くなります。

 秋の早霜というより、春の遅霜というイメージの被害の懸念があります。

 危険なタイミングで北海道が高温になるのです。

 異常天候早期警戒情報は、原則として毎週月曜日と木曜日の14時30分に発表となりますので、最新の情報の入手に努め、注意してください。

図1、図3の出典:ウェザーマップ提供。

図2の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

図4の出典:気象庁ホームページ。

図5の出典:気象庁発表資料。