台風22号が猛烈に発達して週末には南西諸島に接近か

台風22号の雲(9月9日15時、右下)

台風22号の発生と発達

 マリアナ諸島の東海上で、9月7日21時に台風22号が発生しました。

 台風の強さは、台風の眼の形と、眼を取り巻く雲の帯の幅と長さによって推定することができます。

 小さくて丸い円形の眼を持てば持つほど発達した台風ですし、台風を取り巻く雲の帯の幅が広ければ広いほど、雲の帯の長さが長ければ長いほど発達した台風です(図1)。

図1 説明図
図1 説明図

 マリアナ諸島の台風22号は、台風の眼がはっきりしてきました。また、台風を取り巻く雲バンドの幅が太く、ぐるりと台風の眼をとりまくという、台風が発達する兆候を示しています。

 台風の強度予報によると、台風22号は発達しながら西進し、9月12日にはフィリピンの東海上で中心気圧が905ヘクトパスカルの猛烈な台風となる見込みです(図2)。

図2 台風22号の強度予報
図2 台風22号の強度予報

台風の進路予報は、最新のものをお使いください。

台風の発達と海面水温

 台風22号の急発達は、海面水温が29度という高い海域を通るとことが主な原因と考えられています(図3)。

図2 台風22号の進路予報と海面水温29度以上の海域
図2 台風22号の進路予報と海面水温29度以上の海域

 筆者は、以前、台風の24時間気圧変化と海面水温の関係を調べ、940ヘクトパスカル以上960ヘクトパスカル未満の台風について、次の関係式を求めたことがあります。

 (24時間の気圧変化:ヘクトパスカル)=-8.00×(海面水温:度)+210.0 

 この式を使うと、次のようになり、台風22号は24時間で気圧が20ヘクトパスカル以上低くなります(予報の気圧の下がりとほぼ同じです)。

29度の海面水温 22ヘクトパスカルの発達

28度の海面水温 14ヘクトパスカルの発達

27度の海面水温  6ヘクトパスカルの発達

26度の海面水温  2ヘクトパスカルの衰弱

週末は南西諸島へ

 台風22号の進路予想は、発生したばかりで不確実ですが、猛烈な台風に発達したあとも西進を続け、週末には南西諸島に接近するかもしれません。

 この頃には、本州上に秋雨前線が停滞する見込みで、台風の進路によっては、秋雨前線が刺激されて大雨の可能性もあります。

 台風22号の動きに注意する一週間になりそうです。

タイトル画像、図2、図3の出典:ウェザーマップ提供。

図1の出典:著者作成。

平成30年7月豪雨による大雨被害に対して、緊急災害支援募金(Yahoo!基金)を行っていますので、ご協力をお願いいたします。