週明けの関東地方は南岸低気圧で雪の可能性、その後は日本海低気圧で春一番

春一番(ペイレスイメージズ/アフロ)

週明けの南岸低気圧

 週明けは、本州の南岸を低気圧が通過する見込みで、関東地方では標高の高いところは雪、平野部でも雨か雪の予報です(図1)。

図1 予想天気図(平成30年(2018年)2月26日9時の予想)
図1 予想天気図(平成30年(2018年)2月26日9時の予想)

 低気圧が、本州の南岸を少し離れて通るため、大雪にはならない見込みですが、雪による交通機関の乱れが心配です。

 ただ、南岸低気圧による天気予報は、難しい予報の一つです。南岸低気圧がもう少し北を通過するなら大雪、もう少し南を通過するなら雨も雪も降りません。また、下層にちょっとした寒気が入れば雨が雪に変わります。

 しかし、人々の生活にとって、雨と雪は大違いです。昔、気象庁の予報官をしましたが、その時のプレッシャーは大きいものがありました。

その後の日本海低気圧による春一番

 南岸低気圧が通過したあと、低気圧が日本海を発達しながら通過します(図2)。

図2 専門家向けの予想天気図(2月28日21時の予想)
図2 専門家向けの予想天気図(2月28日21時の予想)

 日本海低気圧に向かって強い南風が吹きますので、関東地方などは春一番の可能性があります。春一番の基準は地方により異なりますが、立春から春分までの間に日本海で低気圧が発達し、南寄りの風が強く吹いて気温が上昇することは目安です。

 10日ほど前の2月14日、日本海で低気圧が発達したため、低気圧に向かって南よりの強い風が吹き、北陸、中国、九州北部で春一番が吹いています。しかし、北陸・中国・九州北部地方以外では、南よりの風が弱かったために春一番が見送られた経緯があります。

3月1日は東京に暴風警報の可能性「中」

 春一番という南からの強い風が吹いたあと、北からの強い風が吹き、強い寒気が南下して西高東低の冬型の気圧配置となり、寒くなります(図3)。

図3 専門家向けの予想天気図(3月1日21時の予想)
図3 専門家向けの予想天気図(3月1日21時の予想)

 日本海低気圧が発達しながら通過するため、全国的に大荒れとなります。

 東京地方でも、3月1日に暴風警報を発表する可能性が「中」となっています(図4)。

図4 東京地方の警報級の可能性(2月24日17時00分発表)
図4 東京地方の警報級の可能性(2月24日17時00分発表)

 それだけ、3月1日の日本海低気圧は警戒する必要があります。

 今週は気象の変化が大きい一週間です。最新の気象情報入手に努め、警戒してください。

 寒さと暖かさと寒さが交互にきながら、次第に春に向かってゆきます。

図1、図2、図3、図4の出典:気象庁ホームページ。