空港では飛行機のタッチダウンゾーンで風を観測 日本での初飛行はライト兄弟の7年後

着陸しようとする飛行機と測風塔(静岡空港、著者撮影)

日本での初飛行

 明治43年(1910年)12月19日、東京の代々木練兵場(現在の代々木公園)で、徳川好敏工兵大尉が日本で飛行機の初飛行に成功しています。飛行時間は4分、最高高度は70メートル、飛行距離は3000メートルでした。

 実際には5日前の14日に飛行が成功していたのですが、公式の飛行実施予定日ではなかったので、14日は「滑走の余勢で誤って離陸」と報告されています。

 いずれにしろ、アメリカのライト兄弟が、世界で初めて飛行機で空を自由に飛んだのが、明治36年(1903年)12月17日ですから、その7年後のこととなります。日本は、世界的に見ても早い段階から飛行機が使われてきました。

きめ細かい気象情報

 飛行機は、安全に空に浮かび、飛行し、離着陸するためは気象情報が欠かせません。

 乱気流や雷、着氷や火山灰などは飛行に直接影響を与えます。また、空港に霧や雪、低い雲があって滑走路がよく見えないと、航空機は安全に離着陸できません。

 気象庁では全国の80余の空港に気象台などを設置(航空地方気象台は成田、東京、中部、関西)し、観測・予報を行い、空港周辺や航空路、飛行空域の気象情報を航空関係者に提供して、航空機の「安全」で「快適」な「定時」運航を支援しています。昭和6年(1931年)9月に日本航空輸送株式会社が東京ー大阪ー福岡の定期便開始に合わせ、羽田に中央気象台羽田分室(現在の東京航空地方気象台の前身)などを設置していますので、空港での業務は民間旅客輸送が始まったのと同時に始まっています。

 飛行機が最初に登場したときは、全て目視飛行で、ちょっと風が強いとか、視程が悪いと飛行できませんでした。その後、安全に飛行するための様々な機器や施設が整備され、昔であれば飛行できない気象条件でも安全に飛行できるようになっています。

 しかし、飛行機が生活に密着し、安全第一はかわりがないのですが、できるだけ定時制も求められています。このため、きめ細かい気象情報が求められています。

 例えば、風向風速は、飛行場の中で、飛行機が安全運行のために最も重要な場所であるタッチダウンゾーンの脇に設置されています。

タッチダウンゾーン

 タッチダウンゾーンは、飛行機が離陸の特に滑走路から空中に浮かび上がる場所、あるいは、着陸の時に最初に滑走路に設置する場所のことです。

 滑走路は風向によって、使用する方向が反対になりますので、タッチダウンゾーンは、滑走路の両端近くの2ヶ所にあります。

 このため、空港では、滑走路1本につき、2ヶ所で風向風速の観測が行われます。そして、故障に備え、正副の2台の風向風速計が稼働していますので、滑走路1本に対し、4台の風向・風速計が稼働しています。

 静岡空港など、滑走路は1本の空港では、4台の風向風速計が稼働しています。

 4本の滑走路がある空港では、一般的には16台の風向風速計を設置するのですが、羽田空港は、4本ある滑走路のうち、A滑走路とB滑走路の端が重なっているため兼用することができ、14台の風向風速計が設置されています。この密に配置された風向風速計で過密ダイヤの羽田空港の安全を支えています

 運用形態がかわり、タッチダウンゾーンが変更になると、風向風速を観測する場所も変更になります。

静岡空港内の風向風速計の移動

 一番新しい国際空港として静岡空港が誕生したのは、平成21年(2009年)6月4日ですが、当初は、平成21年(2009年)3月に開港が予定されていました。しかし、航空法上の高さ制限を超える私有地の立ち木が滑走路の西側にあることがわかり、2500メートルの滑走路を2200メートルの滑走路として使用(短縮した状態で使用)することとし、3カ月遅れの開港となりました。

 このため、東側のタッチダウンゾーンが少し移動したことにより、東側にある風向風速計は、開港までに当初計画の位置から新しいタッチダウンゾーン脇に移動となっています。

 立木問題が解決し、開港から約3カ用後の8月27日から当初計画通りの2500メートルの滑走路使用になり、この日から風向風速計は当初計画の位置に戻っています(図)。

図 静岡空港の風向風速計の位置
図 静岡空港の風向風速計の位置

 移設工事は、8月26日の最終便の離陸後、27日の一番機到着までの時間内で行われ、ライトを煌々とつけての突貫工事でした。このように、空港では、きめ細かい観測が、最適と思われる場所で行われています。

そして、この観測機器にも飛行機の安全を守る工夫があります。

すぐに壊れる構造の測風塔

 静岡空港にかぎりませんが、空港内にある風向風速計を乗せた測風塔は、強風などの自然現象に耐えられるよう丈夫に作られていますが、飛行機が衝突した場合には、すぐに壊れることで飛行機を守るという特殊工法で作られています。

 空港内では、一番高価で守るべきものは飛行機とその乗員・乗客ですので、飛行機が衝突するというほとんど起こりえない場合にも備えた考えからです。

図の出典:饒村曜(2010年)、静岡の地震と気象のうんちく、静岡新聞社。