大雪の目安・5000メートル上空で氷点下36度の寒気が北日本に南下

北海道 雪道(写真:アフロ)

大気の真ん中の高さ

 大気の動きや温度が、上空約5000メートルの値が基準となることが多いのは、この高さの気圧が、約500ヘクトパスカルになるからです。

 地上付近の気圧は、発達した台風を除けば、1000ヘクトパスカル前後ですので、上空約5000メートルより上に500ヘクトパスカル分の空気が、5000メートルより下にも500(=1000ー500)ヘクトパスカル分の空気があることになります。

 つまり、大気の真ん中の高さが約5000メートルということが出来ます。

雪の目安と大雪の目安

 対流圏の気温は、逆転層などのごく一部を除けば、高度とともに低くなっています。気温が低くなる割合(気温減率)は、1000メートルで約6度です。

 つまり、上空約5000メートルで氷点下30度は、地上付近で0度ということになりますので、上空約5000メートルで氷点下30度以下なら、地上で0度以下と、降水現象があるなら雪の可能性が高くなります。雪になるか、雨になるかは、1500メートル以下の下層の気温で大きく変わりますので、あくまで大雑把な目安ですが、上空約5000メートルで氷点下30度が平地で雪が降る目安です。

 そして、上空約5000メートルで氷点下36度なら、日本海から大量の水蒸気などの補給を受け、日本海側の地方では大雪になります。

氷点下36度の寒気が南下

 日本付近を二つ玉低気圧が通過し、全国的に雨で、北日本では強い風が吹いています(図1)。

図1 予想天気図(平成29年11月18日21時の予想)
図1 予想天気図(平成29年11月18日21時の予想)

 日本海を東進する低気圧は、北からの強い寒気の南下によって発達し、北日本を中心に西高東低の気圧配置(冬型の気圧配置)となっています。

 ただ、日本海を通過する低気圧のほうが少し速く進み、南岸を進む低気圧と合体しない見込みです。このため、日本付近で、北からの寒気と南からの暖気が合体し、低気圧がより一層発達するということはなく、今冬一番の強い寒気の南下は一時的です。

 11月19日21時の上空約5000メートルの気温予想では、氷点下30度の寒気が能登半島付近まで、氷点下36度の寒気が青森県まで南下します(図2)。そして、北海道は氷点下39度の予想です。

図2 約5000メートル上空の気温予想(11月19日21時)
図2 約5000メートル上空の気温予想(11月19日21時)

 週間天気予報では、19日(日)の予報では、新潟県が「雪か雨」と雪が主体、石川県が「雨か雪」と雨が主体となっていますが、新潟・石川両県とも20日(月)以降は雨が主体となっています(図3)。

 今回の寒気は、「冬将軍」の顔見世です。

図3 新潟県・石川県・東京地方の週間天気予報
図3 新潟県・石川県・東京地方の週間天気予報

 太平洋側の東京の20日(月)でも、最低気温は5度(誤差幅を考えると3から6度)と冷え込みます。

 本格的な冬の到来です。

図1、図2、図3の出典:気象庁ホームページ。