台風一過の「木枯らし1号」 台風22号は温帯低気圧になってから発達 

木枯らし(ペイレスイメージズ/アフロ)

温帯低気圧になってから発達

 秋雨前線を刺激し、南西諸島や、西日本から東日本の太平洋側に大雨を降らせた台風22号は、10月30日午前0時に三陸沖で温帯低気圧(低気圧)に変わり、発達しながら千島列島に向かっています。

 房総半島沖を北上しているときの台風22号の中心気圧は、985ヘクトパスカルですが、予報では、低気圧に変わって千島列島に達した時には964ヘクトパスカルになります(図)。

図 予想天気図(平成29年10月30日9時の予想天気図)
図 予想天気図(平成29年10月30日9時の予想天気図)

 つまり、台風に強い寒気が流入したことにより、台風から低気圧に変わることで20ヘクトパスカルも発達する予報です。

 気象庁では、常に「台風から低気圧に変わった」という表現を使い、「台風から低気圧に衰えた」という表現は使わないのは、台風22号のようなことがあるからです。

 台風から変わった低気圧により、全国的に強い風が吹き、強い寒気が南下してきます。このため、「木枯らし1号」が吹くかもしれません。

10月30日12時追記:気象庁は、10月30日昼前に東京地方と近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表しました。東京地方は昨年より10日早く、近畿地方は昨年より1日遅い「木枯らし1号」です。

木枯らし1号

 気象庁の天気相談所では、東京地方における「木枯らし1号」は、下記の事項を基本として総合的に判断して発表しています。

 同様のことを、大阪管区気象台の天気相談所でも行っていますので、近畿地方でも「木枯らし1号」の発表があります。

 東京の「木枯らし1号」の基準

条件1 期間は10月半ばから11月末までの間に限る。

条件2 気圧配置が西高東低の冬型となって、季節風が吹くこと。

条件3 東京における風向が西北西~北である。  

条件3 東京における最大風速が、おおむね風力5(平均風速が毎秒8メートル)以上である。

 台風22号が温帯低気圧に変わると、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒気が南下して強い北西の季節風が吹きますので、条件1、条件2、条件3は満たします。

 問題は風速ですが、東京地方の10月30日(月)の天気予報は、「北西の風やや強く 23区西部でははじめ北西の風強く 晴れ」となっています。

 気象庁の天気予報で、「やや強い風」というを表現したときは、「毎秒10メートル以上15メートル未満の風」の意味です(表1)。

表1 気象庁が発表する風の表現
表1 気象庁が発表する風の表現

 東京地方の10月30日(月)の天気予報は、少なくとも8メートル以上の風が吹くという予報ですので、条件4を満たしています。

 「木枯らし1号」の条件をすべて満たす予報ですので、週明け早々に気象庁から冬のたよりである「木枯らし1号」の発表があると思われます。

 最近の「木枯らし1号」の発表日をみると、10月30日の発表であれば、早くもないし、遅くもない発表といえるでしょう(表2)。

表2 最近の「木枯らし1号」の発表日
表2 最近の「木枯らし1号」の発表日

 夏を代表する「台風」から、一転して、冬の訪れをつげる「木枯らし1号」です。

 東京都心部の10月30日(月)の朝の最低気温は14度ですが、日中は19度まで上がったあと、気温がどんどん下がってきます。そして、31日(火)朝の最低気温は9度まで下がります。

 荒っぽい季節変化ですので、体調管理には注意が必要です。

図、表1、表2の出典:気象庁ホームページ。