台風22号が沖縄へ 台風接近数は10月でも沖縄と伊豆・小笠原は多い

気象衛星「ひまわり」の可視画像(平成29年10月28日9時)

10月の台風

 台風22号が沖縄を襲っています。予報円が東日本から西日本の太平洋側にかかっていますので、少し北上すれば上陸の可能性もあります(図1)。

図 台風22号の進路予報(平成29年10月28日9時の予報)
図 台風22号の進路予報(平成29年10月28日9時の予報)

台風の情報については、常に最新のものを入手して下さい。

 10月に日本列島に向かう台風は、沖縄本島がある北緯25度付近までは自転車並みの速度での北上ですが、北緯25度を越えて北上すると、進路を東に変え、急加速するのが一般的ですが、台風22号もそのような台風です。

台風接近数

 気象庁では、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を「上陸」と定義しています。

 そして、台風の中心が国内のいずれかの気象台や測候所、特別地域気象観測所(旧測候所)等から300キロメートル以内に入った場合を「接近」として定義しています。

 台風の接近数の平年値は、沖縄地方は10月は年1個、11月は3年に1個ですが、伊豆・小笠原もほぼ同じ接近数です(表)。

表 地方ごとの台風接近数の平年値
表 地方ごとの台風接近数の平年値

 沖縄地方、伊豆・小笠原地方は、ともに10月から11月も台風シーズンです。

 沖縄地方は、台風の動きが遅いので暴風雨が長引き、台風が急加速して接近する伊豆・小笠原地方は、あっとゆう間に接近しますので油断しがちです。

 沖縄地方、伊豆・小笠原地方だけでなく、今年は、10月といっても、台風が北上する傾向がありますので、東日本から西日本の太平洋側でも、最新の台風情報の入手に努め、十分な警戒が必要です。

図表の出典:気象庁ホームページ。