台風12号が九州接近 ごく小さいだけにより危険

ひまわりから見た台風12号(9月3日21時)

台風12号が九州南部に接近中です。

今年5個めの台風上陸になるかもしれません。

台風の強風域と台風の大きさ

台風12号の強風域は、北東側170キロメートル、南西側120キロメートルの平均140キロメートルです。

1999年まで使われていた、気象庁の台風の大きさの分類では、次のように、「ごく小さい台風」ということになります。

強風域の半径(平均)が200キロメートル未満 ごく小さい台風

200~300キロメートル 小型(小さい)台風

300~500キロメートル 中型(並の大きさ)台風

500~800キロメートル 大型(大きい)台風

800キロメートル以上 超大型(非常に大きい)台風

2000年からは、台風の大きさのうち、ごく小さい、小型、中型の3つは使用しなくなっています。

これは、1999年8月14日の神奈川県の玄倉川での水難事故(13人が死亡)などのときに、「台風を小型とか、弱いなどと言うから、たいしたことがない台風と誤解する」などの批判があったからです。

小型の台風の危険性

昔でいう、ごく小さい台風や小型の台風は、すぐ近くに来るまで強い風が吹かないので油断し勝ちです。

そして、吹き出すと極端に強い風が吹きます。

中心気圧が同じであれば、大型より中型、中型より小型のほうが強い風が吹きます。

等圧線の間隔が小型になればなるほど狭くなるためです。

また、台風の速度が速ければ、極端に強い風が吹く時間が短いのですが、速度が遅ければ極端に強く吹く時間も長くなり、被害が拡大する可能性が高くなります。

台風12号は、ごく小さい台風で、中心付近で等圧線の間隔が狭く、強い風が吹いており、しかも、速度が時速10キロメートルと遅いので、厳重な警戒が必要です。