春を告げる東大寺の「お水取り」の前に神宮寺の「お水送り」

奈良のお水取り(写真:アフロ)

春を告げる東大寺のお水取りは、1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、3月12日深夜(13日の午前2時)に、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。お水取りに続き、大松明を持った練行衆が内陣をかけまわる達陀(だったん)という妙法があります。

写真1 お水送りの神事
写真1 お水送りの神事
写真2 お水送りに用いる水源の井戸
写真2 お水送りに用いる水源の井戸
写真3 松明行列
写真3 松明行列

東大寺の若狭井と神宮寺の井戸

東大寺の若狭井は、その名のとおり、若狭の国(現在の福井県)と関係があります。

福井県西部の神宮寺では、3月2日にお水送りの行事が行われています。

神宮寺の井戸の水は、遠敷川(おにゅうがわ)の鵜の瀬(うのせ)まで松明(たいまつ)行列でおごそかに運ばれています。若狭小浜の「鵜の瀬」で流された水は、鵜が10日かかって地中を運搬し、東大寺二月堂の「若狭井」に届けるとされています。

大陸文化が天然の良港である若狭の国・小浜から奈良へと伝えられた足跡が、この伝統行事の中に残されているともいえます。

火祭り

平成9年に福井県で勤務していましたが、このとき、お水送りの神事を拝観し、冷たい小雪のなか、松明を持って行列の後ろから歩きましたが、勇壮な火祭りでした。

火祭りで有名な若狭の神宮寺、京都の鞍馬寺、奈良の東大寺、和歌山の熊野那智大社の4つの火祭のお寺が南北一直線にならびます。日本人は古来から東西を意識していたことが多いと言われていますので、ひょっとしたら、南北を意識していた人々、遠くまででかけてきた渡来人が起源になっているのかもしれません。

今週後半から気温が上昇し、ようやく春近しと感じられます。

図 奈良の週間天気予報(気象庁HPより)
図 奈良の週間天気予報(気象庁HPより)