「二・二六事件」は3日前の大雪が残る氷点下の日

東京都心雪景色(写真:アフロ)

昭和11年(1936年)2月26日、陸軍の青年将校らを中心に、約1500名がクーデターを起こして首相官邸や警察庁などを占拠し、高橋是清(たかはし これきよ)大蔵大臣や斉藤実(さいとう まこと)内大臣ら9名が殺害するという「二・二六事件」が発生しています。

映画やテレビ、演劇などでは、大雪の中での事件として扱われることが多いのですが、実際は、3日前の大雪が残るなか、一日の平均気温が氷点下という、寒い日の事件です。

図1 昭和11年2月に東京に大雪をもたらした低気圧の経路
図1 昭和11年2月に東京に大雪をもたらした低気圧の経路

大雪をもたらした南岸低気圧

昭和11年(1936年)2月22日に台湾の北東海上に発生した低気圧は、発達しながら本州南岸を進み、関東地方に記録的な大雪をもたらしました(図1)。

表1 東京の積雪量のランキング
表1 東京の積雪量のランキング

東京の23日の積雪量は36センチ(正確には35.5センチ)と、140年以上の東京の観測で、明治16年(1883年)2月8日の46センチ、昭和20年2月22日の36センチに次ぐ、史上3位の記録です(表1)。

関東地方で大雪となるのは、このように、本州の南岸を低気圧が通過するときです。最近では、平成26年2月15日に27センチと史上8位の記録がでましたが、このときも、南岸を低気圧が通過しています。

低い気温が継続

2月22日の大雪の後、気温が低い状態が続いたため、積雪はなかなか減りませんでした(表2)。

表2 昭和11年2月の東京の積雪量
表2 昭和11年2月の東京の積雪量

大雪の3日後の26日朝、「二・二六事件」がおきています。26日朝の積雪量は12.6センチ、翌27日の積雪量は20.0センチと前日に比べて約7センチの増加です。

26日は、雪が降っていますが、残っていた積雪の方が多いのです。

そして、寒い日だったのです。

26日の最高気温は0.3度、最低気温は、マイナス2.2度、日平均気温はマイナス1.3度と、氷点下の寒い日の事件だったのです。

図2 東京の昭和11年2月下旬の降水量と気温(気象庁HPより)
図2 東京の昭和11年2月下旬の降水量と気温(気象庁HPより)

 陸軍では対応策がなく混乱していましたが、昭和天皇が激怒され、自ら近衛兵を率いて鎮圧に向かうとの意思をお示しになったため、陸軍は決起部隊鎮圧へと向かうことになります。

下士官兵二告グ 

一 今カラデモ遅クナイカラ原隊へ帰レ

二 抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル

三 オ前達ノ父母兄弟ハ国賊トナルノデ皆泣イテオルゾ

二月二十九日 戒厳司令部

出典:二月二十九日の戒厳司令部のビラ

事件後、岡田啓介首相は辞職、以後、軍部の政治的発言権が強まっています。

現在のように寒い日が続いていると、まだまだ冬という感じですが、春が近づくと南岸を低気圧が通過するようになります。このため、関東地方で大雪になることがありますが、この時の雪は「春を告げる雪」ともいわれています。

図の出典:饒村曜(1999)、イラストでわかる天気のしくみ、新星出版社