立春は「光の春」で、一年で一番寒い頃

立春(写真:アフロ)

暦の上では2月4日が立春、寒が明けて長い冬が終わる日ですが、日本のほとんどの地方では、この頃が一年で一番寒い頃です。立春は、温かさの目安ではありません。

今年の冬の気温

今年の冬は、1月19日は今年最強の寒波が襲来し、その後も寒い日が続いていることから、「暖冬予報だったのに季節予報が外れた」と言う人がいます。たしかに、1月19日頃の寒波は強烈でしたが、昨年12月から1月中旬までは、平年よりかなり高く、1月下旬以降も平年値を挟んでの気温の上下という、ほぼ平年並みの気温です。

冬前半の高温がきいていますので、立春まででいえば、今年の冬は暖冬です。

図1 東京の今年の日平均気温の推移と平年値
図1 東京の今年の日平均気温の推移と平年値

気温が低い日

「理科年表2016」をもとに国内の81地点において、観測開始以来の最低気温の極値がいつ出現したのかをまとめると、立春以降に出現した地点が35地点、全体の43%もあります。

寒さの極値は1月下旬が一番多いのですが、立春をすぎてから寒さのピークとなる地点がかなりあります。

文言通りに「立春のころに寒さと別れる」とは、なっていないのです。

表1 日本国内81地点の最低気温の極値の出現時期
表1 日本国内81地点の最低気温の極値の出現時期
図2 東京の日出の時刻
図2 東京の日出の時刻

長くなる日中の時間

立春の頃の春を「光の春」ということがあります。

気温は暖かいとは言えないのですが、冬至の頃に比べると1時間くらい日中の時間が長くなっているからです。

例えば、東京では、冬至(12月22日)の日出は6時47分で、日入は16時32分と昼間の時間が9時間45分しかありません。

その後、若干日出が遅くなりますが、日入りも遅くなって昼間の時間が徐々に長くなり、立春の昼間の時間が10時間32分になります。

夜明けが早まり、夕暮れの訪れが遅くなってきたのを、日毎に実感できるのが立春の頃です。

陰陽五行説

昔の中国の陰陽五行説では、森羅万象を「木火土金水」の5つの要素で説明しようとし、季節や色、方角などにも及んでいます(表2)。

それによると、春は「青」、方角は「東」です。

菅原道真が九州の太宰府で詠んだとされる「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」という歌は、東にある京都を意識していると同時に、春を意識していると言われています。

梅の花が咲く頃、東風がそれほど多いわけではありません。

また、春は、これから伸びてゆく勢いを持っている季節で、その色は青ということになります。そこから青春という言葉ができています。

表2 陰陽五行説の季節と色と方角
表2 陰陽五行説の季節と色と方角

気温が低いことはあっても、「光の春」が暖かさを伴った春の到来が近いことを感じさせるのが立春です。

寒さについての辛抱は、あとわずかで解消です。