21世紀になってから年越しの台風はない

雲の渦巻き 台風のイメージ(提供:アフロ)

今年もまもなく終わりますが、日本の南海上には台風の卵となる積乱雲のかたまりがなく、15年連続で年越しの台風はなさそうです。21世紀になってから年越しの台風はありません。

図1 気象庁作成のアジア太平洋天気図の一部(2001年1月1日9時)
図1 気象庁作成のアジア太平洋天気図の一部(2001年1月1日9時)

台風には年毎の番号

台風には昭和28年以降、台風番号がつけられています。

昭和26年と27年にも、あとから台風番号がつけられています。

台風番号は、年毎に台風が発生するたびに1号、2号、3号…と発生順につけられた番号です。一旦、台風に番号がつくと、その番号はその台風がどのような形態になっても同じ番号が使われます。

台風が“熱帯低気圧”に衰弱し、その後再発達して台風となった場合は、最初に付けられた台風番号が再び使われます。

極端な話、年末に台風第X号が“熱帯低気圧”に衰弱し,年が変わってから再発達して台風となった場合があったときも、この台風はその年の第1号ではなく,前の年の第X号です。

21世紀最初の2001年の正月、フィリピンの東海上に台風23号があって北東に進んでいます。新年早々の台風ですが、21世紀最初の台風である台風1号ではなく、20世紀最後の台風23号です。

2000年12月30日9時にフィリピンの東海上で発生したもので、2000年で23番目の発生から台風23号と名付けられ、年が変わっても同じ番号で呼ばれているからです(図1)。

正式な台風番号は、年毎の発生順の番号に西暦の十位と一位を付けたものです。

例えば5227は、1952年(昭和27年)の台風27号ですし、0023は、2000年(平成12年)の台風23号です。

台風の統計は1951年からですので、このままでは、あと35年後、2051年以降は同じ番号で2つの台風が存在することになります。

例えば、5227が1952年の台風27号と、2052年の台風27号を表すことになりますので、それまでには何らかの解決方策を考える必要があります。

    

昭和の越年台風

年末・年始のおのおの1週間に存在した台風は、ほぼ2年に1回くらいありますが、このうち年を越した台風(越年台風)は、昭和26年以降5個あり、そのうち、3個はフィリピン南部に上陸しています。

フィリピンへは越年ツアーで多くの観光客がおとずれますが、台風はありがたくないというか、迷惑をかける観光客です。

図2 昭和の越年台風
図2 昭和の越年台風

遅く発生した台風と早く発生した台風

20世紀最後の台風である台風23号は、発生が12月30日9時と、最も遅い発生日時の台風です。

逆に、最も早い発生日時の台風は、昭和54年(1979年)1月2日09時の台風1号です。

ただ、これは社会学としては意味があっても、気象学としてはあまり意味がない統計です。というのは、台風は温かい海上で多く発生するということから、その年の台風シーズンは北半球の気温が一番低くなって、これから暖かくなる2月下旬から始まっていると言ってよく、1月は前年の続きだからです。多くの年は、1月に1個発生したあとはしばらく発生することがなく、2個目は4月から5月にかけて発生しているからです。

図3 ひまわりから見た北半球(平成27年12月30日8時)
図3 ひまわりから見た北半球(平成27年12月30日8時)

北東太平洋の赤道付近には活発な積乱雲があり(図3の右下)、新年早々に、ここから発生した熱帯低気圧が発達しながら西進して日付変更線(東経180度)を超え、台風となる可能性もありますが、「正月なのにもう台風が…」ではなく、「正月なのにまだ台風が…」なのです。

図2の出典:饒村曜(1993)、続・台風物語、日本気象協会。