木枯らし1号の発表基準があるのは東京と大阪だけ

木枯らし(アフロ)

東京と大阪で「木枯し1号」が吹き、札幌で初雪を観測するなど、冬の足音が近づいてきました。

気象庁では、東京(関東地方)と大阪(近畿地方)について、最初に吹いた木枯らしを「木枯らし1号」として発表しています。木枯らし1号の後に木枯らしが吹いても、木枯らし2号、3号とは言いません。春一番と同じく、最初だけの情報です。

図 平成27年の「木枯らし1号」が吹いた時の天気図(10月25日3時)
図 平成27年の「木枯らし1号」が吹いた時の天気図(10月25日3時)

「木枯らし」の定義

日本人にとってなじみ深い言葉である「木枯らし」ですが、正確さを期す気象庁では、東京と大阪の「木枯らし」について、別々の定義をしています。東京と大阪以外では、定義がありません。

東京と大阪では、西高東低の冬型の気圧配置のときに最大風速が8メートル/秒以上というのは同じですが、東京では10月中頃から11月30日の間で北~西北西に吹く風というのに対し、大阪では二十四節季の霜降(10月23日頃)から冬至(12月22日頃)の間で、北北東~西北西に吹く風です。

この定義に該当する風が発生しない場合は、「木枯らし1号の発生はなし」になります。

表 東京の「木枯らし1号」
表 東京の「木枯らし1号」

東京になくて大阪にあるもの、12月の「木枯らし1号」

12月は東京は木枯らしの該当期間ではありませんが、大阪は該当期間です。したがって、12月の「木枯らし」は大阪だけのものということになります。

木枯らし1号は、気象庁で統計の対象とはなっていませんので、平年値というものはありません。だいたい東京では11月5日頃、大阪では11月10日頃に吹きます。

多くの年では、「木枯らし1号」は大阪のほうが遅く吹きます。

今年の「木枯らし1号」は、冬型の気圧配置が強まった10月24日夜に東京で、25日午前中に大阪で「木枯し1号」が吹きました。

東京の10分ごとの平均風速が毎秒8メートル以上となったのは、24日24時00分に8.1、25日0時10分に9.2、0時20分に8.1、0時30分に9.0、1時40分に8.1メートルだけですので、真夜中の短い時間だけの「木枯らし1号」でした。

昨年の「木枯らし1号」は大阪のほうが早かった

昨年の「木枯らし1号」は、大阪が10月27日15時頃、東京が27日20時頃と、時間差ですが大阪の方が早く吹き、一般的な傾向とは違っています。

また、「木枯らし1号」は、最近は遅くなる傾向があり、特に、大阪での遅れは顕著で、東京との差が広がる傾向にあるといわれています。これについては、温暖化により初冬の季節風が弱まったために遅れがちとなり、さらに季節風の南限に近い大阪では、その影響が顕著なためであると考える人もいます。

しかし、昨年と今年は、普段より早く吹いており、一般的な傾向とは違っています。

いずれにしても、「木枯らし1号」のニュースは、冬の準備の催促です。本格的な冬はすぐそこにきていますので、普段より早めの冬対策が必要です。

表の出典:饒村曜(2014)、天気と気象100、オーム社。