Twitterがダイレクトメッセージにおける140文字制限の解除を行う

これからは好きなだけ文字を打てます(写真:アフロ)

Twitterといえば140文字というのはお馴染みですが、ダイレクトメッセージに限っては、その制限が撤廃されたようです。

Twitterの公式ブログによれば、プライベートな会話が行えるダイレクトメッセージをより便利にするため、文字数制限の解除を行ったのだそう。ダイレクトメッセージは、これまでにも「複数人でのやりとりが可能に」なったり「非フォロー関係でも送受信が可能に」なったりと、クローズドなコミュニケーションツールとしての利便性を高めてきたわけですが、今回の仕様変更により、ほぼ世間に存在するメッセンジャーツールと同等の機能を有したことになりました。

考えてもみれば、現在のインターネットにおいて、完全に匿名のままメッセージをやりとりでき、かつ誰でも使っていそうなくらいメジャーなサービスはそう多くはありません。Facebookは実名が基本であるし、LINEは携帯番号と紐付いています。Skypeはきょうび相手が利用している可能性がそこまで高くないでしょう。そう考えると、Twitterのこの「メッセンジャーツール化」はなかなかうまいアイデアなのではないかと考えられます(もちろん知人同士・狭いコミュニティ内輪ならもっとコアなサービスでも良いのでしょうが)。

個人的には、この変更によって様々な企業がTwitterにて行っているユーザーサポートやキャンペーンの連絡が少し楽に行えるようになるのかな?なんてことも感じました。

なおTwitterの公式ブログによれば

ダイレクトメッセージの文字数制限の解除はAndroid版、iOS版、twitter.com、TweetDeckおよびMac版のTwitterにて、今後数週間のうちに順次提供されていきます。もし、少しでも早く文字数制限を解除したい方はアプリのアップデートをお試しください。

出典:Twitter Blogs

とのこと。まだ対応している利用方法が限られているようですので、ご注意を。