米国のミサイル技術に関する機密情報を中国側に渡したスパイ容疑で、米中央情報局(CIA)元職員の中国系米国人が米当局に逮捕された。中国は数十年前から米国の最先端技術を標的にスパイ活動を活発化させ、米国も対抗してきた。ただ2010年代初めに中国での情報源が壊滅的な状況に陥り、苦境に立たされているようだ。

◇FBI覆面捜査官が摘発

 米司法省は17日、CIA元職員のアレクサンダー・マー容疑者(67)をスパイ容疑で14日に逮捕したと発表した。連邦捜査局(FBI)の関係先で働いていた際、誘導ミサイル関連の情報を不正に入手して中国側に伝えた疑いだった。

 司法省資料や米メディアの報道を総合すると、マー容疑者は1952年に香港で生まれ、68年にハワイに移って米国に帰化した。82年にCIA職員となり、米政府の秘密保持契約に署名して機密情報の使用を許可された。89年にはCIAを退職し、上海に移住した。

 マー容疑者による情報漏洩は2001年3月に始まった。香港で会った中国側の情報関係者に、CIAの要員▽作戦▽通信の秘匿方法――などに関する情報を流し、見返りに現金5万ドル(527万円ほど)を受け取った。

 その年に再びハワイに移り住み、中国側に提供する米政府の機密情報にアクセスするため、04年にはFBIのホノルル事務所に「中国語文書の確認・翻訳を担当する契約職員」として潜り込んだ。その後の6年間、定期的に「SECRET」に分類された文書をコピーしたり写真撮影したりした。頻繁に訪中してデータを中国側に手渡し、数千ドルの現金や新品のゴルフクラブなどを受け取っていたという。

 マー容疑者は19年春、「中国側情報関係者」を名乗る人物と接触した際、過去のスパイ活動の実績を明らかにし、「これからも中国側の協力者として働きたい」と申し出た。その時に“中国支援の謝礼”名目で現金2000ドル(21万円ほど)を受け取ったという。別の日にも、この人物から資金をもらって「祖国の成功を望んでいる」と語ったという。

 この人物が、実はFBIの覆面捜査官だったことから、マー容疑者は逮捕されることになった。

◇中国でのCIAスパイ網が壊滅

 中国側による米国でのスパイ活動はたびたび明らかにされている。

 米下院は1999年、中国スパイに関する調査報告書を公表した。そこには、中国側の手口が詳しく書かれている。

「1970年代後半から米国の核研究所を標的にしたスパイ活動を展開し、核弾頭に関する機密情報やステルス爆撃機の誘導システムなどを盗み出していた」

「90年代には、中国人研究者を米国に送る→社会に溶け込ませる→現地で会社を設立させる→米企業からハイテク機器を購入させる→香港経由で中国に送らせる」

 報告書で公開されたのは中国によるスパイ活動の一部であり、より過激なものは「非公開」にされたという。

 これに対し、中国側は報告書の内容を全面的に否定。「これをハリウッドに持ち込んで映画化すればよい。ただし冒頭には『この物語はフィクション』と注釈をつけよ」と皮肉った。

 一方、米国側による中国でのスパイ活動は難航しているようだ。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、CIAは中国でのスパイ活動を「最優先事項」と位置づけているものの、中国国内には強力で幅広い監視網が敷かれているため、情報源の開拓が困難だとしている。

 その象徴的な出来事としてCIA協力者の暗殺事件がある。

 中国政府は2010~12年、同国内でスパイ活動をしていたCIAの情報提供者12人以上を殺害・投獄した。うち1人は政府庁舎の中庭で、同僚の目の前で撃たれたと伝えられる。

 それまではCIAは中国政府に深く突き刺さった情報源を持ち、内部動向に関する情報の質は非常に高かったという。情報源の中に中国政府内の汚職の構図を知って「幻滅した」と吐露する者もいたほどだ。

 だが、その情報源が次々に行方不明となり、そのスパイ網が壊滅的な状況に陥った。

 FBIとCIAは共同調査を始め、米国の駐中国大使館のほぼすべての職員を対象とした。その結果、スパイ網が摘発された要因として、CIA内の二重スパイが米国を裏切った▽CIAが中国の情報源に指令を伝える秘密通信網が中国にハッキングされた――などの事実が浮かび上がったという。

 2018年になって、CIA協力者の名前や電話番号などを大量に中国当局に渡した容疑で、香港在住の米国籍CIA元職員がFBIによって摘発されている。この元職員も1994年からCIAに勤務し、中国駐在経験があり最高機密に接する資格があったという。