慢性外傷性脳症というプロフットボール選手の憂鬱

(写真:アフロ)

引退後のボクシング選手が襲われる脳障害はパンチドランカーとして広く知られているが、現在この状態は慢性外傷性脳症(CTE)と言う診断名がつき、ボクシングに限らず様々なスポーツで同じ危険があることが知られている。中でもアメリカンフットボールは、CTEになるリスクが高く、2年前にはNFLの元プレイヤーの9割以上がCTEにかかっていることが発表され話題になった。

当然、早期診断、早期治療などの対策が必要だが、根本的治療法はもとより、客観的診断法すらなく、生存中にCTEを確定できる検査が求められていた。

アルツハイマー病の脳画像診断法が進歩し、アルツハイマー病患者さんの脳で沈殿が見られるタウタンパク質や、アミロイドタンパク質を、アイソトープを用いたPET検査で検出できるようになった。この検査を用いて元フットボール選手を調べるとタウタンパク質の沈殿が検出できることが報告され、CTEの診断法になるのではと言う期待が生まれた。

今日紹介するボストン大学からの論文は、タウタンパク質を検出するPET検査でCTEを診断できる可能性を、26人のCTE症状を示す元フットボール選手で調べた研究で、4月11日のThe New England Journal of Medicineに掲載された(Stern et al, Tau Positron-Emission Tomography in Former National Football League Players (元NFLフットボール選手のTau PET), NEJM DOI: 10.1056/NEJMoa1900757 )。

この研究では、26人の様々な脳症状を訴える元NFL選手と、31人の正常人をリクルートし、沈殿型のタウタンパク質に結合するFlortaucipirと、βアミロイドに結合するFlorbetapirを用いたPET検査で調べている。結果は期待通りで、元NFL選手では両側上前頭回、両側側頭葉内側部、および頭頂部に、対照群と比べ著しいタウタンパク質の蓄積が見られるが、アルツハイマー病で検出できるβアミロイドタンパク質の沈殿は対照群と比べて差が無かったという結果だ。

面白いことに、フットボール選手を続けた長さと、PETで測定されるタウタンパク質の蓄積は相関しているが、症状の強さとタウタンパク質の蓄積とは相関が認められていない。従って、この検査で検出できるタウタンパク質の蓄積が本当にCTEの原因になるかどうかは不明のままだ。

実際、CTEでのタウタンパク質の沈殿場所が前頭葉に限られている点、またβアミロイドタンパク質沈殿が見られないことから、CTEがアルツハイマー病と関係しているというのははっきりと否定できる。このように、タウタンパク質を指標にCTEを診断する可能性は示されたが、このメカニズムについてはまだまだ研究が必要だろう。

どんなスポーツでも、プロになるということは文字通り体を担保にして初めて成り立つ厳しいことであることが理解できる論文だったと思う。