ポピュリズムと反ワクチン

MMRワクチン(写真:ロイター/アフロ)

今我が国では外国で麻疹に感染した患者さんが、帰国した後発病までに多くの人と接触し、新たな患者を発生させていることが社会問題になっている。今年大阪、三重を中心にすでに250人をこす患者さんの発生が報告されており、この10年で最も多かった2014年で通年462人だったことを考えると、これを上回ることは必至の状況になっている。麻疹は感染力が強く、当然と言ってしまえばそれまでなのだが、麻疹感染を国内だけで考えられなくなり、グローバルなレベルで対策を練る必要があるのは間違いない。

麻疹に関しては外国で感染するという問題だけでなく、先進国で今最大の問題は麻疹に対する免疫を持たない集団の増加で、この最大の理由は子供のワクチン接種数が低下していることだ。ワクチンは、個人を感染症から守るだけではなく、集団や弱者を守る公衆衛生上の意義も大きい。麻疹ワクチンについては長い歴史があり、その間改良も重ねられ、その効果は医学的に何度も確認されている。

先週にも、デンマークから麻疹、おたふく風邪、風疹の3種混合ワクチンと自閉症に関する500万人という大規模調査が行われ、自閉症の発症率はワクチン接種を受けていない人たちのほうが多いことが示された(Annals of internal Medicine: doi:10.7326/M18-2101)。にもかかわらずワクチンを拒否する人の数が増えているのは、感染の脅威が減ったこともあるが、反ワクチンキャンペーンを支持する人が増えたからだと思う。実際、反ワクチンに関する情報はネット上に溢れており、3月7日Facebookは根拠のない反ワクチン情報の拡散防止策強化を発表した。

これまでも、ワクチン拒否の理由について多くの調査が行われてきた。ただ、政治的ポジションと、ワクチン拒否との相関を調べた研究はなかった。今日紹介するロンドン・クイーンメリー大学からの論文は、現在ヨーロッパで拡大しつつあるポピュリズムの運動と、ワクチン拒否の間に何か共通のメンタリティーがあるのではないかと着想し、ヨーロッパ各国でこの可能性を調べた論文で、European Journal of Public Health のオンライン版に掲載された(Jonathan Kennedy, Populist politics and vaccine hesitancy in Western Europe: an analysis of national-level data(西ヨーロッパで見られるポピュリズム政治とワクチン摂取の躊躇)in press 2019:doi:10.1093/eurpub/ckz004)。

研究では各国でポピュリズムとして位置づけられている政党をまず選んでいる。ポピュリズムとはイデオロギー的立場ではなく、資本、国家、市民の関係を、資本の国際化に応じて変化させてきた先進国の体制にNoを突きつけた立場と言えるが、もちろん経済体制、政治体制にとどまらず、文化全体を巻き込んだ運動になっている。これを現体制を支えるエリートに対する反エスタブリッシュメントと見る人も多い。

この研究で選んだポピュリズム政党を見ると、ドイツでは、「左派党」と「ドイツのための選択肢」の左右両党がポピュリズムと位置付けられており、著者らが考える基準がわかる。有名なところでは、イタリアの五つ星運動、フランスの国民連合、そしてブレグジットを推進した英国のイギリス独立党などだ。

研究では、ポピュリズム政党が台頭する西ヨーロッパ各国で男女500人づつを無作為に選び、ポピュリズム政党に投票するかどうか、そしてワクチンについての考えを聞いて、今回の統計に用いている。ワクチンについては、1)ワクチンは重要だと思うか、2)ワクチンは有効だと思うか、そして3)ワクチンは安全だと思うか、の3つの質問について調査している。そして、Noと答えた割合と、ポピュリズム政党に投票すると答えた割合をプロットして図示している。

結果だが、「ワクチンは安全でない」という問いに対する答えは、国によって大きくばらつく傾向にあるが、いずれの質問でもワクチンに対して反対の意思表明をした人と、ポピュリズム政党に投票すると答えた人の割合は、ほとんど完璧な相関を示すことがわかった。

以上の結果は、ポピュリズムと反ワクチンには共通のメンタリティーが存在していることを示唆している。この研究でポピュリズムとして選ばれた政党は政治的には左派、中道、右派と様々なので、結局反ワクチンは特定の政治信条ではなく、ポピュリズムの背景にある反エスタブリッシュメントの考えに近いように思える。

ただこの統計の解釈が難しいのは、ポピュリズムと反ワクチンのどちらが原因と結果かを特定できない点だ。例えば、麻疹ワクチンが自閉症の原因であると言う世紀の捏造論文をThe Lancetに発表したWakefieldは、現在米国の反ワクチン運動のシンボルとして担がれており、トランプ大統領と会見して支持を表明している。当然大統領選挙では、反ワクチンの人たちはトランプに投票する。

同じように、5つ星運動も麻疹ワクチンと自閉症の関係に対する懸念を公に表明している。当然反ワクチンの人たちはこの政党を支持するだろう。

また西ヨーロッパではワクチンを義務化している国も多く、フランスの国民連合はワクチンの安全性に懸念を表明し、義務化に対して反対している。またギリシャでは、左派のポピュリズム政党がワクチン義務化に反対する立場を公に表明している。したがって、反ワクチン=ポピュリズムと簡単に決めつけるのはまだまだ早計で、さらに詳しくこの共通性の背景を研究したほうがいいだろう。

何れにせよ、ポピュリズムも反ワクチンも、科学をエスタブリッシュメントの代表としてみていることは確かだ。

その意味で、この論文のデータを見て私が最も感心したのは、国民皆保険で、公衆衛生大国と考えられるデンマークで、ポピュリズムが必ずしも反ワクチンに直結していない点で、同じ傾向が英国や、フィンランドにも見られる。すなわちワクチン拒否という反科学的な考えも、教育と政府の努力でかなり解決できることを意味している。

翻って我が国を考えてみると、まず政治状況が大きく違うことがわかる。もちろんわが国にもポピュリズムや反エスタブリッシュメントを支持する人は多いが、具体的にそれが政党として現れておらず、同じ調査をするのは難しいと思う。しかし貧富の差がこのまま拡大し、外国人の受け入れが広がることで、いつかわが国でも同じような反エスタブリッシュメントの政党は生まれるような気がする。その時、反エスタブリッシュメントとは直接関係ない、反ワクチン運動や、反科学運動がこの動きとどう連動するのか見届けることは、私たち科学者に課せられた使命であるように思える。