ちょっと気になる論文:妊娠経験のある女性から若い男性への輸血は死亡率が高い。

輸血パック(写真:ロイター/アフロ)

我が国ではあまり問題にされていないが、以前から女性から輸血を受けると死亡率が高いという観察が何度も報告されている。さらに詳しく原因を調べた研究では、妊娠経験のある女性から血清を分離しないまま輸血を受けると急性肺障害の危険性が高まるという論文が発表され、妊娠により母体に誘導された抗体やリンパ球が輸血された人に悪さをするのではと考えられてきた。

これが正しければ、我が子のためにお母さんが血液を提供することが最も危険ということになり、影響は大きい。

そこでこの現象を確かめるべく、オランダ・ライデン大学を中心に、赤血球から白血球を分離する操作をおこない免疫機構を関与しにくくしたオランダの輸血システムでも同じ問題があるのかを調べた大規模調査が行われ、結果が10月17日号の米国医師会雑誌に発表された(Caram-Deelder et al, Association of blood transfusion from female donors with and without a history of pregnancy with mortality among male and female transfusion recipients(輸血を受けた男女の死亡率と女性輸血ドナーの妊娠経験の相関), JAMA, 318:1417, 2017)

研究はシンプルで、オランダの大きな医療組織6カ所で初めて輸血を受けた患者さんの記録を2005年から2015年まで10年にわたって調べなおし、単一のドナーから輸血を受けたケースを拾い出して、ドナーの性別と妊娠経験が、輸血を受けた後約1年目の死亡率にどう影響しているのか調べている。この際、輸血を受けた患者さんの病気や直接の死亡原因は無視して、単純に死亡率だけ算定している。

先進国の医療水準で輸血を受けるということ自体が深刻な事態であることを反映して、単一ドナーからの輸血を受けた患者さんの1年目の死亡率は17%と高い。その中で、死亡率が統計的に間違いなく高いといえる組み合わせは、妊娠経験のある女性から男性へ輸血された組み合わせであることが明らかになった。

内訳を詳しくみると、50歳以降に輸血を受けた男性ではほとんど死亡率は上がらず、若い患者さん、特に17歳より若い患者さんの場合はオッズ比で、単一ドナー複数回輸血で1.65、単一ドナー一回輸血でなんと2.84に上昇している。

以上が結果で、妊娠経験のある女性の血液を50歳までの男性に輸血すると死亡率が高まること、白血球を除去する操作で血清の持ち込み率が低い今回の研究でも死亡率の上昇が確認されるため、この現象を輸血される赤血球に混入した抗体や混じっているリンパ球せいにすることが難しいことが明らかになった。

では何が原因か?ドナーが鉄欠乏症に陥っている可能性が高いのでは?とか、赤血球自体に男女差があるのかなど様々な可能性は思いつくが、謎は深まるばかりだ。

さて、病気の我が子への母親からの輸血ができなくなるのではという悩ましい問題だが、現実的には、母親から輸血すると少し危険性が高いことを念頭に置いて、父親など代わりのドナーがあればそれを選ぶが、止む上ない場合はお母さんからの輸血も躊躇しないというのが現時点での答えだろう。我が国で一般に行われる成分輸血の場合はもちろん問題はない。