キス・ペプチン:色っぽい名前の分子がその名にふさわしい機能を見つけたお話

(写真:アフロ)

新しい分子や現象を発見した時、一番難しいのが名前のつけ方だ。誰もが覚えやすくて、語呂のいい名前を一生懸命探す。うまくいった例が山中さんのiPSで、語呂もよく覚えやすいし、induced pluripotent stem cellというのもしっかり内容が表現できている。

しかし「覚えやすい」のみにこだわると、分子の作用と名前がとんだちぐはぐになる。その一つがキス・ペプチン(Kisspeptin)だ。一度聞くと確かに忘れない。ただこの分子が最初メラノーマの転移を抑制する分子として発見されたと聞くと、名前の由来に合点がいかない。

私がこのキスペプチンという言葉を初めて知ったのは、その受容体がG-タンパク質共役受容体であることを示した、武田薬品研究所の今は亡き藤野さんのグループがNatureに発表した論文を見た時だ。確かに論文の内容は全く覚えていないのに、今もキスペプチンという名は頭に刻まれている。

気になってWikipediaを調べると、この分子が発見された大学のある町Hersheyの有名なお菓子Hershey’s Kissが名前の由来のようだ。

さて話はこれからだ。その後、キスペプチンのガン細胞への作用の研究は下火になる。ところが、この色気のある名前が幸いしてか(?)、この分子の研究はホルモンや卵子の成熟といった、性に関わる分子として注目され始める。私のブログでも、2014年7月23日、視床下部で分泌される新しい性ホルモンとしてキスペプチンが再注目され、排卵誘発剤で誘導される卵の成熟度を高めて、試験管ベービーの成功率を2-3割上昇させるという論文を紹介した(http://aasj.jp/news/watch/1907)。

まさにキスペプチンという名にふさわしい機能が後からついてきたことになるが、さらに決定打とも言える論文がロンドンのインペリアルカレッジからJournal of Clinical Investigation オンライン版に発表された。タイトルは「Kisspeptin modulates sexuall and emotional brain processing in human (キスペプチンは人間の性的感情のプロセスに関わる)」だ。

その名にふさわしい機能を見つけようとしたのか(?)、この研究では最初からキスペプチンが性的興奮にかかわるのではないかとあたりをつけて、25人のボランティア男性の脳の反応を機能的MRIを用いて調べている。

まずキスペプチンを静脈注射して、これまで性的興奮に関わることが知られている男性ホルモンやオキシトシンに影響ないことを確かめている。従ってキスペプチン注射による脳への作用は直接作用だと主張している。

実験が面白い。被験者にセックス中のカップルの写真、セックスなしに抱擁しているカップルの写真、男女関係とは無関係の楽しい写真などを見せる。論文では写真の実例は示されていないので、写真の具体的内容は想像に任せる。普通の男性なら、男女の絡みの写真を見ると当然興奮して辺縁系の様々な場所の活性が高まる。このMRIで検出できる辺縁系の興奮が、キスペプチンを注射すると増強されるというのが結果だ。

もう少し詳しく説明すると、セックス中のカップルを写した写真を見た時、辺縁系の様々な領域が興奮するが、キスペプチンは特に左の扁桃体、前後の前帯状皮質の興奮を高める。面白いのは、絡みの写真だけではあまり興奮しなかった人の方が、キスペプチンの効果が高いことだ。

この興奮増強作用はセックス中の写真に限らず、抱擁しているカップルの写真を見せた時でも同じように見られる。このことから、キスペプチンの作用は、性的興奮でもより精神的な感情に関わると主張している。

もちろん全く性的でない写真や、あるいは同じ写真のネガを見せても反応は起こらないし、キスペプチン注射で、被験者が自覚するほど興奮が高まるわけではなく、効果はMRIで初めて把握できるようだ。

ついにキスペプチンの名前にふさわしい作用が発見されたが、効果の神経メカニズムは不明のままだ。幾つかの結果から、キスペプチンは性への抑制的なムードを抑え、ポジティブなムードをあげる効果があると議論されているが、結論にはさらに研究が必要だ。

これまでの研究生活を振り返っても、たまたまつけた色っぽいキスペプチンという名前が一人歩きして、愛し合う男女の「キス」に関わる感情に関わる機能に落ち着いたという今回の話は、キスペプチンが最初で最後だろう。