妊娠中のMRI検査の安全性を検証する論文が発表された

(写真:アフロ)

女性は妊娠すると、これまで気にもしなかったことが、胎児の発生に影響ないか心配になる。ネット上に掲載されている妊婦さんの声を集めて見るチャンスがあったが、私には考えもつかないことが心配の種になっていることがよくわかった。例えば「アルコールフリービールは妊娠中でも飲んで良いでしょうか」という質問を見たとき、私ならどう答えるだろうかと考えてしまった。個人的には、アルコール0なら他の食品や飲料と同じで問題はないと思う。しかし、「もしノンアルコールビール製造過程に共通の落とし穴があったとしたらどうしよう」などと考えだすと、結局明確な答えがないことに気づく。即ち、特定の食品の安全性は、使用した妊婦さんからの子供を個々に追跡するしか検証のしようがないが、現実的には不可能だ。

同じことがMRI検査にも言える。放射線を使う検査は、被曝量が低くとも、一定の確率で胎児発生に影響があることはわかっている。

では放射線を使わないが、強い磁場と電磁波、さらには高い騒音にさらされるMRI検査はどうだろう?特に胎児が急速に発生する妊娠後3ヶ月についてMRI検査の影響を調べた研究がなく、はっきりとした答えを妊婦さんに答えることは難しかった。

嬉しいことに、この問題に答えるために、妊娠初期3ヶ月にMRI検査を受けた約1700人の妊婦さんから生まれた子供を出産時から4歳児まで追跡して、MRIを受けなかった妊婦さんから生まれた子供と比較した研究が、カナダトロントにある聖ミカエル病院から発表された。

論文のタイトルは、「Association between MRI exposure during pregnancy and fetal and childhood outcomes (妊娠中のMRI検査の胎児期及び幼年期への影響)」で、アメリカ医師会雑誌( JAMA)9月6日号に掲載された。

結論は極めて明快で、胎児が様々な外界からの刺激に対して最も過敏性の高い妊娠初期3ヶ月にMRIを受けた場合でも、胎児の成長、発生異常、成長異常、ガンの発生率などは、受けなかった妊婦さんの子供と、特に大きな差異はなかったという結果だ。このようなデータがあると、「MRIは妊婦さんにも安全ですよ」と言うことができる。

とはいえ、必要もないのに検査を受けることは勧められない。今回の研究の対象となった妊婦さんは約1700人で、この母数の範囲で影響を受ける確率が低いと言えるだけだ。また、この研究では人間ドックのような詳しい検査をして違いを突き止めることはしていない(というより現実的に不可能だ)。従って、健康な子供が通常受ける検診の範囲で、「特に違いがない」と結論できる。このように、医学には「絶対大丈夫」という言葉は、残念ながら存在しない。

この研究では、単純なMRI検査だけでなく、妊娠時にガドリニウムという造影剤を用いるMRI検査を受けた妊婦さんからの子供も追跡している。この造影剤には、腎原性の全身の線維化を起こす副作用があることがわかっており、当然妊婦さんへの使用はできるだけ避ける。この研究ではやむなくこの検査を受けた約500人の妊婦さんから生まれた子供の追跡も行い、1)死産率のリスクが高まる、2)4歳までにリューマチ様症状や皮膚炎症性の疾患の頻度が高まる、ことを明らかにしている。従って、妊婦さんはどの時期でもできるだけガドリニウム造影検査は避けたほうが良いことがわかる。

今日紹介した様に、妊婦さんの不安に応えるためには、これほど大規模な調査が必要だ。しかし、だから検証をあきらめるのではなく、一つでも多くの追跡研究が行われることを期待したい。また今後もこの様な科学的検証論文を紹介していきたい。