「移民受け入れ」の責任は政治にあり、「多文化共生」の責任は民衆にある。

(写真:アフロ)

 私は、「違いを楽しみ、力に変えよう」などのテーマを提げて「多文化共生」の必要性を全国のあちこちで喋って回ることをライフワークにしている。そんな私などを批判する者がいる。そして彼らは日本への「移民受け入れ反対」を訴える人たちとほぼ重なっているように見受けられる。

 当事者も日本にいる一移民ではあるが、私自身は実は「移民受け入れは反対」と口にしている。「多文化共生」を訴える身として一見矛盾しているように思われるだろうが、少なくとも私などの中では一切矛盾はない。

 巷の議論を見ていると「移民受け入れ」と「多文化共生」は同意的に扱われている。確かにセットになる。しかし必ずしもセットになるとは限らない。移民を受け入れたら多文化共生が必要になるが、多文化共生には、移民受け入れが必ずしも前提になる必要はない。

 「移民受け入れ」と「多文化共生」をあえて分けて考える必要があるのではないか。最大の目的は責任の所在が有耶無耶になっている現状を打破し、明確にすることにある。結論から大きく言えば、移民受け入れの責任は基本的に政治にあり、多文化共生の責任は基本的に民衆にある。

 移民受け入れはの原因となっている人口減少だが、その原因は明らかである。動物学的な本能として子孫を残すことが実現できない、つまり人口の再生産が出来ない社会の、その最大の原因は政治・政策の失敗にある。今のような状況を早くから予測できたとしても一向に対策を打つことなく、後回しにされた結果こそが、今の日本の少子高齢化の姿である。そして移民受け入れは、紛れもなく政治・政策の失敗の尻拭いとしての策であることは火を見るよりも明らかである。無論、そのような政治家を選んが責任は民衆にもあることは否めない。

 日本は騙しだましで移民を受け入れている「隠れ移民国」である。そのため未だ気づいていない日本人が多いのも仕方がないかもしれない。しかし年間の受け入れ数が約40万人で、先進国の中では独米英に続く第4位となると、いつの間にか日本は、立派な移民受け入れ国の仲間入りをしていることになる。

 諸外国の情報に簡単にアクセスできる中、「移民受け入れ反対」と警戒する人々が現れてもおかしいことではない。だけどそのフラストレーションのはけ口を移民当事者に向けてはなるまい。外国人集住地域に乗り込んで「出て行け!」と叫んだり、仮に移民当事者を虐めるようでは、反対する者は物事の本質をまるで分かっていないと言わざるを得ない。

 移民受け入れ反対なら、長期政権である自民党政治に、そして安価の労働の下で現状の生産性を担保したいという経済界にこそ矛先を向けるべきであろう。

 しかし、多文化共生は別ものとして考える必要がある。共生に向けて法整備など政治の責任もあるが、「多文化共生」は基本的に民衆の責任になってくる。文化などは違えども、関わりのある者同士が平穏で、楽しい毎日を過ごすには、一人一人の理解と努力が必要不可欠である。多文化共生はみんなのテーマで、いわば各々の人間力が試されるということでもある。国策的な移民受け入れにならなくても、自然増による外国人との接点は今後も増え、違うという意味において、元々からして日本人同士についても多文化共生が求められている。

 いずれにせよ、望むと望まざるにかかわらず、他の多くの社会もそうであると同様に、日本社会も多文化共生が進んでいる。もはやそこには受け入れるか受け入れないかの選択肢は存在せず、いかに受け入れるかの選択肢しか残っていないのである。品格のある受け入れをすれば、未来永劫に良き結果をもたらし、その逆となればいずれ社会へのしっぺ返しが待っていることになる。という至って分かりやすい因果応報の仕組みになっている。

 なので多文化共生のために努力している者を攻撃するような行為が仮に社会にあるなら、意味不明な言動と言わざるを得なない。

 移民受け入れに伴う多文化共生は日本で成功するか否かを問われれば、日本で成功する可能性はあると答えたい。その実現のためには努力が求められ、移民受け入れ先進国から反面教師としても多くを共に学びたい。同時に、日本が過去に受け入れた移民といかに暮らしてきたかについて冷静に客観的に見つめることと、速やかな改善も求めたい。

 移民の受け入れに関する世の中の議論は、大きく、受け入れ「反対」か「賛成」かに分かれている。そして「移民受け入れ」と「多文化共生」はセットとして扱われる。しかし、必ずしもセットにならないこと、「移民受け入れ反対」で「多文化共生は賛成」という考え方もあることを明確にしておくことは、いろんな意味で、日本社会の二項対立を避けたい視点としても、責任までも有耶無耶に「移民受け入れ」と「多文化共生」をごちゃまぜで扱われないためにも大事であると考える。