Twitter、相互フォロー無しでもDMが送信可能に

画像

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)はこれまでお互いにフォローし合っていなければ送ることはできなかったが、本日からはフォローされている人とDMでやり取りができるようになった。もちろん、設定でこれまで通り相互フォローしている人に限定することもできる(デフォルトではそうなっている)。

この変更は著名人や企業のアカウントにとっては嬉しいだろう。特に有名な企業アカウントには質問やクレームなんかもリプライで飛ばされているのを見るが、リプライでは全員に見えてしまうからプライベートなDMでやり取りをしたいという方も多いと思う。HPに行ってお問い合わせフォームから送信することもできるだろうけど、メールアドレスを企業に教えたくない方にとってはTwitterの方が良さそうだ。

ただ、デメリットももちろんあって、スパムアカウントがDMを送りまくるなんてことは出て来てしまう問題だ。これまでもリプライでスパム行為を働いているアカウントはたくさんあったけど、DMの方が少し心配だ。

というのも、経験のある方も居るかもしれないが、DMで「あなたの写真がここで公開されてるよ!http://~~~」とリンクが送られて来て、そこにアクセスすると自分が相互フォローしてる人全員に同じDMが勝手に送られるという嫌なスパムリンクを配布しているやつがいる。

だから、DMをフォロワー全員から受け付ける人が増えると、このDM送信の対象が広がってしまうので、連鎖的に以前より広範囲に被害が及んでしまうかもしれない。この辺はTwitterも対策をしているけど、DMの設定を変える人は自分でもより注意が必要だね。