三浦浩一さん・純アリスさん夫婦の二男で、俳優としてNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」など多数の作品に出演してきた三浦孝太さん(37)。昨年から「カラテカ」の入江慎也さんが経営する清掃会社「ピカピカ」の社員として第二の人生を歩み始めました。決断の裏にあった現実。そして、今の思いを吐露しました。

引きこもり生活で見たYouTube

 2021年7月から入江さんの清掃会社「ピカピカ」で働いています。それまでは役者の仕事をしていたんですけど、ずっと迷いがあったのが現実でした。

 いろいろな舞台、映像作品にも出演させていただいたんですけど、なかなか「成功した」という形にはなりませんでした。俳優の仕事もやりながら、アルバイトもする。実際にはそんな生活が続いていました。

 「このまま役者を続けていって良いのか」

 その思いは20代前半からありました。でも、一歩を踏み出せないというか、俳優としての年数が増えれば増えるほど「今から違う仕事なんてできない」という考えも強くなっていました。

 そんな中で新型コロナ禍となり、本当に仕事がなくなりました。精神的にもつらくなり、20年の11月頃は1カ月間家から一歩も出ないということもありました。

 そんな中、たまたま見た「極楽とんぼ」山本圭壱さんのYouTubeに入江さんが出てらっしゃって、芸人に区切りをつけて今はお掃除の会社をやっているということを初めて知ったんです。

 その姿を見て、引きこもり状態だった自分にも衝撃が走ったというか、一歩踏み出してみようという気持ちになったんです。

 入江さんも一歩を踏み出すのは怖かっただろうし、芸人を辞めるつらさも当然あっただろうし。しかも、ちゃんと世間に名前が売れてるところからのリスタートですから。より一層、いろいろな思いがあったであろう中で、次のステージに進んでらっしゃる。そこが心に強く響いたんです。

 そして、去年6月にSNSのダイレクトメッセージを入江さんに送り、そこから面接を経て働くことになりました。それと同時に、そこが自分の中で俳優という仕事に区切りをつけたタイミングにもなりました。

毎日が楽しい

 結局、俳優の仕事は15年ほどやったことになります。NHK大河ドラマ「軍神官兵衛」にも出演させてもらい、Amazonプライム・ビデオ「仮面ライダーアマゾンズ」にも良い役で出させてもらったりもしましたし、舞台は途切れることなくさせてもらってきました。

 ただ、本当にリアルな話、連続ドラマでレギュラーを何シーズンも取り続けるくらいにならないと俳優として皆さんに知ってもらうことは難しい。なかなかそこまでにはならない。忸怩たる思いが常にありました。

 俳優時代、仕事がある時は楽しいんです。舞台中ならば千秋楽まではすごく充実した時間を過ごせるものの、千秋楽の翌日からまたアルバイト生活が始まる。

 アルバイトは純粋に生活費を稼ぐためだけのものだったので、俳優の仕事と違ってなかなか能動的に動くことがなかった。時間が過ぎるのを待って終わりの時間になったらすぐに帰る。そんな二重構造の生活が俳優時代の実態でした。

 でも、今は毎日が楽しいんです。毎日お仕事があって、しかもアルバイトの時とは違い、それが自分の夢ともつながっているという感覚を明確に持てている。

 今は入江さんともう一人の社員と僕、その3人で仕事をしています。人数が少ないこともあっていろいろなことを任せてくださっていて、その一つ一つにやりがいを感じています。

 正直な話、俳優から清掃業に移って、周りからどう思われてるんだろう。その思いもあります。特に俳優をやっている仲間から見たらどう思われてるんだろうと。

 ただ、それ以上に前を向く感覚が強いというか、この「ピカピカ」をいかに大きくしていくか。それを入江さんとも話しながら日々の積み重ねをしていく。その状況がすごく楽しいですし、今は「俳優の世界を離れて良かった」と胸を張って言えるようになりました。

親孝行

 若い頃はどこに行っても“三浦浩一の息子”と紹介されるのがすごくイヤだったんです。なので、自分が俳優の仕事を始める時も親父の名前を隠して劇団を見つけてスタートしました。

 そして、20代後半になると今度は弟(三浦涼介)が世間に知られるようになりました。すると、“三浦涼介の兄”と言われることが多くなっていきました。

 俳優をやっている時は、ずっと「父と弟よりも売れてやろう」という思いがありました。でも、これは性格としか言いようがないのかもしれませんが、弟と共演したら弟を立てている自分がいる。

 入江さんにも言われたんですけど、性格として俳優には向いていなかったのかもしれません。

 でも、その性格が今の仕事では活かせるというか、人ときちんと向き合って、マイルドに事を進めていく。それができている、それが仕事の成功にもつながる。その感覚も今の仕事が楽しい一因だと感じています。

 俳優もそうだし、芸人さんとか他の芸能界のお仕事もそうかもしれませんけど、辞め時が本当に難しい。でも、あくまでも“僕は”ということですけど、一歩を踏み出して、そして周りの人に恵まれて、良い選択ができたなと感じています。

 役者をやり始めた時、父には強く反対されました。「そんな甘いもんじゃない」と。ただ、舞台に出たり、テレビに出たりするようになると、いつも見てくれていました。

 基本的に父はすごく厳しい人だったんですけど、自分がこうやって働くようになって、より一層思うのが俳優をやりながら3人の男の子と向き合って育ててくれたのは本当にありがたいことだったんだなと。

 父に対してできる親孝行があるとすれば、まずは入江さんと「ピカピカ」を大きくして、今の仕事で結果を出すということ。それしかないなと思っています。そうした上で、父の住んでいる家をピカピカにしにいく(笑)。

 僕のできることと言えば、そんなことしかないんでしょうけど、なんとかそれができるように日々頑張っている最中です。

(撮影・中西正男)

■三浦孝太(みうら・こうた)

1984年4月14日生まれ。東京都出身。俳優・三浦浩一、女優・モデルの純アリス夫妻の二男として生まれる。弟は俳優の三浦涼介。高校卒業後、俳優の道を志し、20代は舞台を中心に活動。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や(2014年)、Amazonプライム・ビデオ「仮面ライダーアマゾンズ Season2」(2017年)など映像作品にも多数出演する。昨年、俳優活動に区切りをつけ「カラテカ」の入江慎也が立ち上げた清掃業「ピカピカ」に入社する。