アイドル歌手としてデビューし、現在は現代美術家としてニューヨークを拠点に活動するKAORUKOさん。新型コロナ禍による閉塞感を打破すべく、1995年に自身が手掛けて女子高生を中心に話題となったキャラクター「K子」のポーズをリバイバルさせる活動を展開中です。「180度目線を変えてみると、世界の見え方が変わる」というメッセージを込めた股のぞきポーズですが、そこから見据える今後のビジョンとは。

日本に戻っての“驚き”

 1995年に私が作ったキャラクター「K子」というのがありまして、ラフォーレの前とかロフトの前に6メートルくらいの大きさのバルーンキャラクターとして置かれていたんです。

 若い女性が股のぞきポーズをしているような形で、当時は女子高生を中心に、その股の間を歩くと縁起がいいということで話題になりました。

 そもそも、なぜ「K子」が股のぞきのポーズをしているかというと「180度目線を変えてみると世界の見え方が変わる」というコンセプトを込めてのものだったんです。

 先月末あたりから、SNSなどを中心にこのポーズをもう一回世の中に広めようという活動を始めたんですけど、今なぜリバイバルを考えたのか。その根っこみたいなものが、去年12年ぶりに日本に戻ってきた時の“驚き”だったんです。

 去年までニューヨークで現代アートの活動をしてまして、去年、新型コロナ禍の感染拡大に伴い、日本に戻ってきました。

 徳島で和紙の作品を手がける活動をしたりする中で、改めて日本の素晴らしさというか、自然の美しさ。そして、受け継がれている伝統工芸の奥深さを強く感じたんです。

 ただ、その一方で、特にSNSを中心に何かトラブルがあった人をみんなが寄ってたかって攻撃する。その叩き方が容赦がないというか、とことん叩きまくる。その様を見て、日本の素晴らしさを感じた中でのことだったので、余計に衝撃を受けまして。

 コロナ禍ということで閉塞感があり、それがストレスにもつながっている。そこから攻撃性なのだろうとも思うんですけど、それまで私が暮らしていたニューヨークでは、そこの反応が全く違ったんです。

目指すカタチ

 何かトラブルがあって、もう一回立ち上がろうとしている人に対するアクションとしては拍手になるというか、そこを応援する空気になるのが普通だったので、何かミスをした人がもう絶対に立ち上がれないようにみんなで叩くというのが信じられないというか。それを目の当たりにして、何かできないかと思って考えたのが「K子ポーズ」だったんです。

 正式なやり方というのもアレなんですけど(笑)、股のぞきの格好をしながら自分がかなえたいことや願っていることを言う。そうすると、何かが変わっていく。そういうメッセージをポーズを通じて広めていけたらなと思っているんです。

 みんながこのポーズ、そしてポーズの意味を知っている世の中になれば、もっと前向きで明るい世の中になるんじゃないか。すごく壮大な話になっちゃいますけど(笑)、そう考えていますし、日本本来の美しさが損なわれない世の中になったらなと思っています。

思いを語るKAORUKOさん(筆者撮影)
思いを語るKAORUKOさん(筆者撮影)

■KAORUKO(カオルコ)

愛知県出身。吉本興業所属。アイドル歌手としてデビューし、1980年代からイラストレーター、デザイナーに軸足を置くようになり、88年に童話作家の五味太郎氏に師事。2007年から活動拠点をニューヨークに移す。12年、米アート雑誌「New American Paintings」で「アメリカで活動する注目のアーティストの一人」として紹介され、同誌の表紙を飾る。昨年には徳島県吉野川市のアワガミアーティストインレジデンスに参加。阿波紙を使った作品を制作する。新型コロナ禍による閉塞感の打破を目指し、95年に「180度目線を変えてみたら、見えなかったものが見える」というメッセージを込めて手掛けたキャラクター「K子」のポーズ(前屈し自分の足の間から顔をのぞかせるポーズ)のリバイバル活動「K子ポーズプロジェクト」をSNSなどで展開中。