TBS「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦!」で8パック腹筋が話題になった俳優の梶原颯さん(26)。吉本興業のタレントで結成されたアイドルグループ「吉本坂46」のメンバーとしても注目されていますが、男子新体操を描き、6月に上演される舞台「タンブリング」にも出演が決まりました。自慢の肉体で道を切り開く梶原さんですが、目標は大きくジャッキー・チェンさんだと言います。

スーツアクターのアルバイトから

 大学生の時にスーツアクターのアルバイトをやってまして、その流れで、アクション要員としてお芝居の舞台に立ったのがこの世界に入るきっかけでした。

 あくまでも主要キャストではないので、存在や顔が前面に出るものではなかったんですけど、出るならばしっかりと出たい。それが仕事を始める原動力だったと思います。

 ただ、実際に入ってみて思ったのは楽しい感情ばかりではありませんでした。当然と言えば当然なのですが、オーディションで選ばれるのはごく一部ですし、まず舞台に上がるまでが大変。

 ただ、一日として同じ日はないし、自分が頑張れば頑張った分だけやりがいもある。それは本当に楽しいことでもありました。

 転機になった作品は舞台「ハイキュー‼」だと思います。それまでの役よりも大きな役をいただき、舞台も大きなところでやらせてもらい、たくさんの経験をさせてもらいました。

 ただ、演じたキャラクターが無口のキャラクターで。せっかくだったら、たくさんしゃべりたいという思いもありましたけど(笑)、本当に良い経験でした。

目標は世界

 新型コロナ禍で本当だったら去年上演されるはずだった「タンブリング」も約1年遅れての出演になるんですけど、時間が経った分、より作品への思いは強くなったとも思っています。

 「タンブリング」もそうなんですけど、僕はスポーツがきっかけでいろいろなお仕事をいただけたりもしているので、アクションという部分は大切にしていきたいですね。

 なので、毎日トレーニングは欠かさないですし、スポーツを生かしたテレビ番組だとか、いろいろな領域でお仕事をさせてもらえるよう、頑張りたいと思います。

 話が大きくなっちゃいますけど、ゆくゆくは、海外も見据えた活動ができればなと思っています。目標は、ジャッキー・チェンさんです(笑)。

 語学の勉強ですか?実は、YouTubeで中国語の勉強をしたりもしてたんですけど、スポーツと違って、これがなかなか身につきませんでして(笑)。なんとか、少しずつでも頑張っていきたいと思っています。

(撮影・中西正男)

■梶原颯(かじはら・はやて)

1994年6月4日生まれ。兵庫県出身。大学在学中に経験したスーツアクターのアルバイトを通じてエンターテインメントの世界に興味を持つ。吉本興業所属。舞台出演などで経験を積み、19年にアイドルグループ「吉本坂46」の2期生メンバーに選ばれる。パルクール、空手(黒帯)、柔道(初段)、殺陣、ブレイクダンスなどスポーツ万能で100メートルのタイムは10秒98。男子新体操をテーマにした舞台「タンブリング」に出演。身長178センチ、体重62キロ。大阪公演(6月11日〜13日、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール)、東京公演(6月17日〜24日、TBS赤坂ACTシアター)が行われる。