グラビア界を席巻する光野有菜が初インタビューで吐露した思い

初のインタビューで思いを吐露する光野有菜さん

 戸田恵梨香さん、紗栄子さんらを輩出した「週刊ヤングジャンプ」の誌上オーディション「制コレ'20」でグランプリに選ばれた光野有菜さん(18)。一目で見る者を魅了するプロポーションでグラビア界を席巻していますが、5月下旬に配信されるショートフィルム「花咲く頃に、僕らは」(橋本光二郎監督)にはヒロインとして出演しています。今まさに強い光を放つ存在となっていますが、その原動力とは。

人に恵まれて

 この世界に入ったきっかけは、東京に出かけた際、スカウトを受けたことでした。

 幼稚園の頃になりたかったものはキューティーハニーで(笑)。単純にかわいくて、カッコいいなと思っていたんです。

 そこから成長していくにつれ、ガラッと変わったというか、弁護士さんとか法律の専門家になりたいなと思うようになっていきました。

 要は、なりたいものの選択肢にこの世界は入ってなかったんです。でも、スカウトされて直感的に思ったのが「今しかできないことをやろう」ということでした。その気持ちを家族が後押ししてくれて、今に至るという流れです。

 「週刊ヤングジャンプ」のオーディション「制コレ'20」でグランプリに選ばれて本格的にお仕事を始めたので、グラビア撮影が初めてのお仕事だったんですけど、何をどうしたらいいのかも分からないし、ポーズのとり方も分からない。

 ただ、カメラマンさん、編集者さんが本当に優しく教えてくださいまして。自分でもどんどん良い写真になっていることが実感できてうれしかったです。

 そして、どこまでも人に恵まれているというか、初めてのお芝居の仕事になったショートフィルムの撮影も、本当に丁寧に橋本監督に教えていただきました。撮影は3月末だったんですけど、それまでに2週間くらい橋本監督にレッスンもしていただきまして。

 全国大会の常連になっている合唱部に所属する高校2年の女の子という役柄だったんですけど、新型コロナ禍も大きなテーマになっている作品なので、作中でもほとんどマスク姿なんです。

 初めてのお芝居の上に、相手の表情も見えない。いくつも大変なことが重なったりもしたんですけど、幸い、良い現場に恵まれて乗り切れました。

負けず嫌い

 自分の性格で、この世界に向いている部分があるとすれば、まず好奇心が旺盛なこと。そして、負けず嫌いということですかね。

 小学校の時に校内のマラソンで1位になりたいと思って1位になり続けたり(笑)、自分が「こうしたい」と思ったら、そこに向けて突っ走る思いは強いかもしれません。

 まだ始まったばかりなんですけど、この負けず嫌いというのは結果的に自分を後押ししてくれているなと感じています。

 実は、取材のインタビューを受けるのは今回が初めてだったんです(笑)。

 緊張しましたけど、私の過去や未来、そして、自分の長所をどう生かしていくかなど、考える良い場所をいただいたなと…。

 今日の取材の受け答えに点数をつけるとしたらですか?

 ん~、100点満点で10点くらいですかね(笑)。思いはあっても、それをうまく言葉にできなくて。次、またお話をさせてもらえる時がきたら、今日よりうまく話せる自分でいるよう頑張っていきたいと思います。

(撮影・中西正男)

光野有菜(こうの・ゆうな)

2002年9月20日生まれ。大阪府出身。女優、モデル、グラビアアイドル。エーライツ所属。20年に「週刊ヤングジャンプ」主催の「制コレ’20」でグランプリを受賞。同誌で単独として初の表紙および巻頭グラビアを飾る。5月下旬に配信されるショートフィルム「花咲く頃に、僕らは」(橋本光二郎監督作品)のヒロインに選ばれる。身長167センチ。

立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。上方漫才大賞など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、KOZOクリエイターズに所属する。読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して♡」、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」などに出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞。また「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。noteで「全てはラジオのために」(note.com/masaonakanishi)も執筆中。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    竹野内豊、阿部寛、江口洋介…。二枚目俳優から50代になっても主役を張るカギのコメディセンス斉藤貴志6/13(日) 12:45
  2. 2
    チェ・ジウ夫の“浮気説”などスキャンダル続々…暴露を続けるYouTubeチャンネルの怪慎武宏6/13(日) 9:15
  3. 3
    新旧最年少棋聖対決! B級1組3回戦・藤井聡太二冠(18)-屋敷伸之九段(49)戦は相掛かりに松本博文6/13(日) 12:02
  4. 4
    藤井聡太二冠(18)順位戦連勝記録は22でストップ 元A級の鬼・稲葉陽八段(32)に苦杯を喫する松本博文6/12(土) 14:37
  5. 5
    【戦国こぼれ話】織田信長が天下人になった秘密は、堺の商人・今井宗久を配下に収めたことにあった渡邊大門6/13(日) 6:00
  6. 6
    古き良き伝統に新しい風、宝塚歌劇雪組『ヴェネチアの紋章』『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』中本千晶6/12(土) 11:30
  7. 7
    アニメ「ウマ娘」ブルーレイの爆発的ヒットは快挙? 豪華な「特典」の利点と課題河村鳴紘6/12(土) 10:40
  8. 8
    石原さとみを生かす男優と殺す男優の差 『恋はDeepに』の共演・綾野剛が見せた安定感堀井憲一郎6/10(木) 15:11
  9. 9
    【戦国こぼれ話】「最初の天下人」といわれた三好長慶の生涯は、戦いに次ぐ戦いの激しいものだった渡邊大門6/9(水) 6:00
  10. 10
    【戦国こぼれ話】ルイス・フロイスもびっくり。大出世した豊臣秀吉の老獪な抜け目のない手口渡邊大門6/11(金) 6:00