「芝居が大嫌いだった」。「円神」中本大賀が語る演じることへの思い

「円神」の中本大賀さん

 9人組男性ユニット「円神-エンジン-」のメンバーで、読売テレビの連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に出演中の中本大賀さん(20)。抜群の歌唱力を誇り、ユニット内でもメインボーカルを務めていますが、自身の特性を生かした今後のビジョン。そして、個人的な思いをたっぷりと乗せた夢を語りました。

芝居が大嫌いだった

 「江戸モアゼル―」が初めてのレギュラー出演のドラマだったので、最初は何をしていいのか、不安要素の方が多かったんです。

 有名な俳優さんもたくさんいらっしゃって、失礼なことがあってはいけない。とにかく、その意識ばかりが強くて。

 「自分がこうしてみたい」ということよりも、ミスをしない方に力を使うと言いますか。最初はそういう意識で収録が始まったんですけど、回を追うごとにやりたいことも少しずつできるようにはなってきました。自分で言うのは本当にアレなんですけど(笑)、そこは成長と呼べる部分なのかなと。

 あと、ドラマの主題歌を「円神」として歌わせてもらっているのも、すごく大きなことだと痛感しています。

 現場のどこに行っても、誰かが自分たちの曲を口ずさんでくださっている。その時点で、すごく力をもらえると言いますか、独特の後押しをされる感覚があるんです。

 ただ、最初この世界に入った時は、お芝居が本当に苦手で。もっとストレートに言うと、大嫌いだったんです。

 自分が一番得意なのは歌。そして、そもそも、この世界にはアイドルにあこがれて入ってきた、そんな中で、演技と言われても、正直「ん~…」という感じだったんです。レッスンを受けていても、どうも気持ちが前に進まない。

 でも、実際にドラマをやらせてもらって現場を経験するごとに、どんどんひかれていったんです。

自分の顔ではない

 最初に出していただいたのはテレビ朝日「未解決の女警視庁文書捜査官」だったんですけど、その放送を見て、意識が一変したんです。

 テレビに映っている自分が、中本大賀ではなかったんです。バスケ部員役だったんですけど、その役の顔になっていた。

 歌っている時の自分は、何を歌っても、どこまでいっても中本大賀なんです。でも、お芝居をしている時は全く違う。そこに驚いたし、面白みを感じたし、俳優というものへの思いがその瞬間にこみ上げてきたんです。

 以前から応援してくださっている方は、いわばアイドル的にキラキラした中本大賀を見たいと思ってくださっているのかもしれませんけど、それ以外の顔もお見せすることがいろいろな幅を広げることにもなるし、僕としては、そちらをお見せしたいなと。

 今回の作品でも、主演の岡田結実さんの切り替えを見て、心底勉強させてもらっています。カメラが回る直前までは、いわゆる岡田結実さんなんですけど、回った瞬間、役柄の花魁になってるんです。

 まさに、この顔と空気の切り替えが、僕が目指しているものでもあるし、そういうことができる俳優になりたいなと思っています。

大きな夢

 今年の目標としては、大きなことになってしまうかもしれませんけど、ドラマで主演をしたい。そう思っています。

 そうやって大きなところに自分が立つことが「円神」にもプラスになるでしょうし、意味のあることじゃないかなと。

 あと、そうやってお芝居の仕事をしっかりとやりながら、歌の仕事もやる。菅田将暉さんのように、俳優を軸にしながらも、歌も歌われる。そうなったら、自分の一番の武器である歌と、自分がやりたい俳優がすごく有機的に絡んでいくのかなと思っていまして。

 それと、これは僕の個人的な思いなんですけど、昔から野球が大好きで、特に僕は大阪出身なので、阪神タイガースが大好きなんです。ウチでリクガメを飼ってるんですけど、その名前もバースですし(笑)。

 昨シーズンも、全試合見てましたし、これは自信があるんですけど、タイガースに関する知識は、他の芸能人の人には負けないと思っています!

 夢は、甲子園で始球式をすることです。これは歌でも、ダンスでも、お芝居でもないですけど、実はそれがすごく大きな夢なんです(笑)。

(撮影・中西正男)

■中本大賀(なかもと・たいが)

2001年2月17日生まれ。大阪府出身。9人組男性ユニット「円神-エンジン-」のメンバー。ユニット内ではメインボーカルを務める。昨年、テレビ朝日「未解決の女警視庁文書捜査官」でドラマ初出演。同年「円神」として配信シングル「ENJIN」でメジャーデビューを果たす。読売テレビの連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」に大河内拓馬役で出演中で、主題歌「Say Your Name」も「円神」として担当している。

立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。上方漫才大賞など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、KOZOクリエイターズに所属する。読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して♡」、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」などに出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞。また「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。noteで「全てはラジオのために」(note.com/masaonakanishi)も執筆中。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    『ドラゴンボール』の桃白白は、自分が投げた柱に乗って飛んだ! そんなコトできる?柳田理科雄4/14(水) 9:00
  2. 2
    『愛の不時着』主演級俳優キム・ジョンヒョンがいま、韓国で猛非難を浴びている理由慎武宏4/13(火) 17:03
  3. 3
    3連勝・羽生善治九段(50)2連勝・永瀬拓矢王座(28)王位リーグ無敗同士、天王山の一戦始まる松本博文4/14(水) 10:45
  4. 4
    【戦国こぼれ話】さまざまな女性との噂が絶えなかった豊臣秀吉。本当に秀吉は女性好きだったのだろうか渡邊大門4/14(水) 6:00
  5. 5
    井伊直弼さえもチャカポンな弱者として描く 大河『青天を衝け』のもたらす衝撃堀井憲一郎4/13(火) 17:46
  6. 6
    鬼軍曹・永瀬拓矢王座(28)会心の指し回しで羽生善治九段(50)に勝利 王位リーグ無敗決戦を制す松本博文4/14(水) 18:38
  7. 7
    52年前の今日、日本中の子どもが絶望した…! ゼットンの「1兆度の火球」のすごい威力とは?柳田理科雄4/9(金) 9:00
  8. 8
    『フランダースの犬』の最終回、ネロとパトラッシュが幸せになる方法はなかったか?柳田理科雄4/12(月) 8:00
  9. 9
    オープニングで失敗の新番組~『ラヴィット!』『めざまし8』失速の理由~鈴木祐司4/11(日) 16:31
  10. 10
    【中世こぼれ話】あまり知られていない「三種の神器」。その本来の意味を改めて考えてみる渡邊大門4/13(火) 6:00