単なる不倫スキャンダルで終わらない、近藤真彦のニュースが持つ意味

(写真:アフロ)

 近藤真彦さんの不倫を今月12日発売の「週刊文春」が報じました。そして、17日未明に所属のジャニーズ事務所が無期限活動自粛を発表。そこから、スポーツ紙やワイドショーもこのニュースを扱い始めました。

 文春のスクープがインターネットなどには出ているものの、新聞やテレビは報じない。

 15日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で松本人志さんが「まわり(の番組)があまりにもやらない」などとこのニュースの報じられ方について言及する場面もありました。

 自戒を込めて、今回の流れ、そして、これからの流れで僕が話を聞いたこと、そして、そこから考えることを綴りたいと思います。

 僕がデイリースポーツに入社したのが1999年。そこから13年半、大阪で芸能担当記者として勤務しました。その中で感じたのは、何かしらタレントさんのスキャンダルがあった時に、スキャンダル報道の“方向性”を示す役割を担ってきたのがスポーツ紙でした。

この記事は有料です。
中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事

中西正男

価格

月額330円(初月無料)

月6回程度

1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。2003年、故桂米朝さんにスポーツ紙として異例のインタビューを行う。「上方漫才大賞」など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、株式会社KOZOクリエイターズに所属する。現在、読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」などにレギュラー出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞する。また、CNN、BBC、ニューヨークタイムズなどが使用する記事分析ツール「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「ガラガラ」「気持ち悪い」? 『STAND BY ME ドラえもん2』はそんなに悪い作品か?飯田一史11/24(火) 13:00
  2. 2
    【戦国こぼれ話】飽食といわれる現代社会。戦国時代の食事はどのようなものだったのか?渡邊大門11/25(水) 9:05
  3. 3
    よもやよもや! 羽生善治九段(50)深夜の大逆転で佐藤康光九段(51)を降しA級順位戦2勝目松本博文11/24(火) 1:45
  4. 4
    横浜銀蝿40th「全員で249歳、また4人で自分達のロックンロールができて幸せ」田中久勝11/25(水) 17:37
  5. 5
    【戦国こぼれ話】家紋には知られざる意味があった?その謎のルーツと真相に迫る!渡邊大門11/24(火) 8:06
  6. 6
    70年代のレトロゲームが遊べるゲームセンターがオープン 有名店「ゲーセンミカド」の新たな挑戦とは鴫原盛之11/23(月) 18:30
  7. 7
    SNSトレンド”廻廻奇譚”は何と読む?今熱いジャンプアニメ「呪術廻戦」とは小新井涼11/24(火) 7:30
  8. 8
    【戦国こぼれ話】日本人奴隷は世界を駆け回っていた!?あまりに無慈悲な奴隷正当化の論理!渡邊大門11/23(月) 10:05
  9. 9
    不運続きの映画『十二単衣を着た悪魔』で見逃せない、カリスマ皇妃役の三吉彩花の逞しさ溢れる演技斉藤貴志11/23(月) 14:50
  10. 10
    呪われた映画『とんかつDJアゲ太郎』は事件を起こした2人のための作品のようだった飯田一史11/2(月) 12:11