分厚いベールに包まれたプライベート。岡村隆史、結婚までの道のり

(写真:アフロ)

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が結婚していたことが明らかになった。

 20年以上、大阪でお笑いを中心に芸能取材をする中で、岡村の恋愛事情に関してもあらゆる関係者から話を聞いてきた。とりわけ、ここ数年はいろいろなエピソードも漏れ伝わってきていた。取材メモを振り返っても、いろいろな記載がある。

 ●既に立派な車を所有しているのに、それに加え、小さな車をもう一台購入。いったい誰のための車なのか…。

 ●無二の親友であるお笑いコンビ「へびいちご」の高橋智が東京に行った時には頻繁に岡村のマンションに泊まるため、わざわざ「高橋の部屋」と呼ぶ専用の寝室まで用意していた。しかし、近年は「ちょっと、散らかっているから、リビングで寝てくれる?」と高橋を家の奥の方に入れなくなった。何か見られたくないものがあるのか…。

 ●「交際相手の親御さんと食事に行く時は、支払いは親御さんに任せるべき?こちらがするべき?」といった相談を既婚者の友人にしていた。

 ●月に2回ほど仕事で大阪に戻るたびに実家に戻っているが、そのたびに「もう親も歳だし、少しでも早く安心させてあげないといけないよな」との思いを近親者に吐露。

 ●断捨離をして、環境が良い場所の物件を探している。

 ここ数年で上記のような動きがあったのは間違いないが、僕が取材する中で“異変”を感じたのは2018年秋ごろからだった。というのは、そのあたりから岡村の周囲から恋愛の話がなかなか漏れ伝わってこなくなったのだ。

 それまでは、誰かしら“仲良し”の女性がいる時ならば、上記のような話が出てくる。一方、何もないならばないで、以下のような話が聞こえてきていた。

 ●休みになると関西に戻ってきて、男飯、サウナ、マッサージ。小一時間ほど時間があったら1円パチンコ。

 ●携帯電話の写真フォルダーに入っているのは高校の同級生と東京湾で海釣りをした際の魚(マゴチ)の写真くらい。

 ●半年以上ジムにも行ってなくて、韓国でのシミ抜きも微妙に終わった。女性の影は全く見えない。

 周囲から“ある”とも“ない”とも、話が出てこない。より一層、口が重たくなっている。そのことから、結婚に向けての“真剣度”が上がっているのではと推測していた。

 ただ、それでも決定的な話は出てこない。先述の通り、20年以上、お笑いを中心に芸能取材をしてきたが、岡村の恋模様の核心部分にはいつも分厚いベールがかかっていた。

 その大きな理由は岡村自身の性格。多くの後輩芸人を引き連れて飲み歩くというようなことをするタイプでもないし、交友関係をどんどん広げていくタイプでもない。となると、必然的に岡村のプライベートを深く知る人間の絶対数は少なくなる。

 また、類は友を呼ぶというか、岡村がかわいがっている後輩芸人もまた非常におとなしく、内向的な性格の人が多い。そこからさらに情報が拡散するということもなく、結果、どこまでもベールが分厚くなっていくという構図だ。

 さらに、岡村の恋愛スタイルも徹底している。共通の知人を介して、過去に岡村と交際した経験がある女性に話を聞いたことがあるが、基本的に会うのは岡村の自宅。女性の影がないという自身のキャラクターを守るプロ意識なのか、家にいたとしても、窓の外などから写真を撮られたりすることがないように気遣っていたという。

 岡村=独り身というガチガチの構図から解き放たれた岡村が、これからどんな笑いを生み出していくのか。50歳にして、新しく、晴れやかなスタートラインに立ったことだけは間違いない。

立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。2003年、故桂米朝さんにスポーツ紙として異例のインタビューを行う。「上方漫才大賞」など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、株式会社KOZOクリエイターズに所属する。現在、読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」などにレギュラー出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞する。また、CNN、BBC、ニューヨークタイムズなどが使用する記事分析ツール「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月6回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「ガラガラ」「気持ち悪い」? 『STAND BY ME ドラえもん2』はそんなに悪い作品か?飯田一史11/24(火) 13:00
  2. 2
    百折不撓・木村一基九段(47)大熱戦を制して藤井聡太二冠(18)に会心の初勝利 将棋NHK杯2回戦松本博文11/26(木) 6:00
  3. 3
    羽生善治九段、横歩を取らせ角を打って動く 豊島将之竜王が55手目を封じて竜王戦第4局1日目終了松本博文11/26(木) 18:38
  4. 4
    【戦国こぼれ話】災害には備えが必要。地震で一夜にして消滅した帰雲城と城主の内ヶ島氏理とは!?渡邊大門11/26(木) 8:41
  5. 5
    【戦国こぼれ話】飽食といわれる現代社会。戦国時代の食事はどのようなものだったのか?渡邊大門11/25(水) 9:05
  6. 6
    横浜銀蝿40th「全員で249歳、また4人で自分達のロックンロールができて幸せ」田中久勝11/25(水) 17:37
  7. 7
    勝つのは充実の豊島将之竜王か? 復調の羽生善治九段か? 延期されていた竜王戦七番勝負第4局始まる松本博文11/26(木) 11:24
  8. 8
    よもやよもや! 羽生善治九段(50)深夜の大逆転で佐藤康光九段(51)を降しA級順位戦2勝目松本博文11/24(火) 1:45
  9. 9
    【戦国こぼれ話】日本人奴隷は世界を駆け回っていた!?あまりに無慈悲な奴隷正当化の論理!渡邊大門11/23(月) 10:05
  10. 10
    【戦国こぼれ話】家紋には知られざる意味があった?その謎のルーツと真相に迫る!渡邊大門11/24(火) 8:06