サンシャイン池崎、ハイテンション芸のリアルな悩み

今、最も旬な芸人・サンシャイン池崎

ハイテンションなネタで2月に行われた「R-1ぐらんぷり2017」でも注目を集めたサンシャイン池崎さん(35)。昨年末の日本テレビ系「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」では俳優・斎藤工さんが“サンシャイン斎藤”として登場し、本家を上回るテンションを見せたことでも話題になりました。まさに、今、最も旬な芸人でもありますが、この芸風ならではの悩み、そして目指すゴールについて、赤裸々かつハイテンションに語りました。

ヌルッと大学に行ったものの…

ありがたいことに、忙しくはさせてもらっています!!やっぱり、ガンと上がったのは年末の「笑ってはいけない」の後ですね。それまでも仕事はチョロチョロとはあったんですけど、一気に増えました。斎藤工さん、思いっきり大恩人です。今はまだおこがましいですけど、何かの形で恩返しできるように頑張らないといけないと思っています。

えっ、この世界に入ったきっかけですか?そもそも、小学校くらいからお笑いが好きで、自分で言うのもなんですけど、わりとひょうきんで、人気者系だったんです(笑)。いつもどこかに「お笑いがやりたい!!」という思いはあったんですけど、高校が進学校だったもので、みんな大学に行く。そして、地元が鹿児島なんで、大阪とか東京と違ってなかなか芸人の世界に飛び込むきっかけもなく、ヌルッと大学に行ったんです。

ただ、就職活動の時期になっても全然就活する気にならないというか、考えれば考えるほど「お笑いをやって、そのうえ、お金までもらえる芸人の世界は最高だ」と思うようになったんですよね。そんな時、その思いを知ってくれていた当時のカノジョが雑誌にワタナベエンターテインメントの養成所の記事が載っているのを見つけて持ってきてくれまして。スクールに、友達を誘ってコンビを組んで行ったのが本格的にお笑いの道に入った第一歩でした。

画像

大声を出したらものすごくウケた

…でも、実際に入ると、やっぱり感じるんですよね。入る時は“オレ最強!!”みたいな感じで行くんですけど、全国各地からそう思ってるヤツが集まってくる場なんで、みんなおもしろい。オレも、小学校の時から他のクラスの知らないヤツが「おい、笑わしてみろよ」って半ばケンカを売るみたいに来たりもしてましたけど、その度に、バッチリ笑わせてやりましたからね。その当時のネタですか?ま、具体的には手で耳を折り曲げて「ギョウザ!」ですよね。ドッカンですよ。楽勝でした。そりゃ“オレ最強!!”って思うでしょ?幸か不幸か(笑)。

ま、そんなバックボーンもあってなのか、なかなか結果が出ないし、コンビを解散するという結論になったんです。一人になって、もうお笑いはやめようとも思いました。でも、ここまできてやめるのも…と思い直して、舞台に立ったんですけど、そいつとしかお笑いをやりたいと思わなかったくらいのパートナーが横にいない。これが、怖いんですよね。そこを紛らわせるためにもハイテンションで大声を出したら、ものすごくウケたんです。その日以来、今までずっと叫んでます(笑)。

自分が救われている

ただね、こんなことを言っちゃうとアレなんですけど、こういう芸風だから、どんなつらいことがあっても叫ばないといけない。女の子にフラれようが、イヤなことがあろうが、スイッチを入れないといけない。こんな時に「イエーイ!」じゃねぇだろとは思っても、出ると元気になるんですよ。自分のネタなのに、自分が救われるところもあるんです。

あと、これは正直な話、今年で36歳。年齢のせいなのか、舞台で第一声からマックスの声を出すんで、その瞬間、目の前が真っ白になってクラッとくることが結構あるんです(笑)。しかも、それがより気合の入る、例えば「R-1ぐらんぷり」とかで起こりやすいんですよ…。それと、ネタの中で横に大きく倒れこむ動きがあるんですけど、舞台で膝を強打したりして血が出てることも時々あるんですけど、こっちはもうテンションが上がっちゃってるから、痛くもなんともないんですよ。なので、血が出てることに気づかなくて、何でこんなにウケないんだろうなと思っていたら、実はお客さんがドン引きだったということもありますよね(笑)。でも、そんなのには負けねぇぜ!!イエーイ!!大丈夫です。今は真っ白になってないので、インタビュー続けてください。

80歳になってもイエーイ!!

去年からお仕事をいただけるようになって、2017年はトーク番組も頑張りたいんですけどね。ただ、芸風がテンション高すぎて、ネタを離れて普通にしゃべるとなった時、まともにしゃべれないんですよね…。どんなテンションでしゃべっていいのか分からないというか。ネタとトークのテンションの分け方というか、普通にしゃべっても違うし。かといって、ネタの時と同じテンションで長い時間しゃべり続けるのも難しいし。トーク番組に出た時のしゃべり方、これが今すごく考えていることですね。リアルにまじめな話をしちゃってますけど…。

でも、このテンションのまま40歳、50歳、そして60歳ってなっていったら、すげぇおもしろいんじゃないかなとも思うんです。80歳になっても、見てる人が心配にならないくらい、ちゃんと元気に「イエーイ!!」って言えてたら最高だよなって。なので、今は、野菜をすごく食べてます!!あと、のど飴もメッチャなめてます!!

画像

地元・鹿児島への熱い思い

あとね、来年、僕の生まれ故郷の鹿児島の英雄・西郷隆盛さんが大河ドラマになるので、今からオファーが来ることを待っています(笑)。もちろん、出られたらうれしいですし、そこに出られるくらい今から頑張んなきゃとも思いますし。そもそも、来年の大河ドラマが西郷さんを主人公にした物語というのも、運命を感じると言いますか、巡り合わせと言いますか…。自分の地元・鹿児島への思いも強いですし、やっぱり、故郷に錦を飾りたいという思いもありますし。今このタイミングで郷里の英雄・西郷さんがまたフィーチャーされるというのも、個人的には、もっと頑張らなきゃと思える出来事でした。…あ、すみません、また、まじめな話をしちゃってましたかね…。いつも元気ですよぉ!!イエーイ!!ジャスティーーース!!

■サンシャイン池崎(さんしゃいんいけざき)

1981年10月9日生まれ。鹿児島県出身。本名・池崎慧(いけざき・さとる)。ワタナベエンターテインメント所属。大分大学工学部卒業し、2005年にワタナベコメディスクールに2期生として入学。06年には大学で知り合った友人とコンビ「ソニックブラザーズ」を結成する。07年に解散後は、ピン芸人として活動。「空前絶後の、超絶怒涛のピン芸人~」という長尺の自己紹介や、「イエーイ!」「ジャスティス!」などの叫び声をふんだんに盛り込んだハイテンションなネタで注目を集める。「R-1ぐらんぷり2017」では決勝に進出し大きなインパクトを残す。また、LINEスタンプ「サンシャイン池崎 ボイスで空前絶後ォ!」も配信中。4月9日には東京・表参道GROUNDで行われる「ワタナベエンターテインメントのお笑いライブ・WEL」に出演する。

立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。上方漫才大賞など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、KOZOクリエイターズに所属する。読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して♡」、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」などに出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞。また「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。noteで「全てはラジオのために」(note.com/masaonakanishi)も執筆中。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月6回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    『愛の不時着』や『梨泰院クラス』も超えるか。韓国コンテンツに5億ドル投じるNetflix慎武宏3/1(月) 7:05
  2. 2
    局に残って副業…辞めてYouTuber転身…「テレビに縛られない」テレビ局員の変わるキャリア谷田彰吾3/1(月) 11:55
  3. 3
    【戦国こぼれ話】戦国時代に世界トップクラスの銀の産出量を誇った石見銀山。その争奪戦の歴史を探る渡邊大門3/1(月) 6:00
  4. 4
    渡辺VS永瀬、封じ手直前に両者指すバチバチの駆け引きで、図面作成間に合わじ 王将戦第1局1日目終了松本博文3/1(月) 19:13
  5. 5
    『梨泰院クラス』の俳優も…次々と暴露の韓国芸能人の“過去の悪行”をまる呑みしてはマズい理由慎武宏2/26(金) 7:10
  6. 6
    【解読『おちょやん』】ヨシヲたちの悪だくみから垣間見えた「興行界の暗黒史」碓井広義3/1(月) 7:00
  7. 7
    『無名の開幕投手』が好評! 名古屋の極小出版社が異色のプロ野球本を出す理由大竹敏之3/1(月) 12:00
  8. 8
    A級昇級あと1人は永瀬拓矢王座(28)か? 木村一基九段(47)か? 3月11日、B級1組最終戦松本博文2/27(土) 21:52
  9. 9
    「牧場物語」新作の“濃密”スローライフ体験してみた 【開発者インタビューあり】河村鳴紘2/28(日) 10:30
  10. 10
    大きく変わったテレビのキャスティング ”テレビ的な”実力よりも重視され始めた決め手とは!?谷田彰吾2/16(火) 8:28