平井デジタル担当大臣らが集結し、CiPマニフェスト発表。

CiP協議会撮影
CiP協議会撮影

先端スマートビル「東京ポートシティ竹芝」に拠点を置くCiP協議会がオープニングイベントを開催しました。平井卓也衆議院議員(現 デジタル担当大臣)、吉本興業ホールディングス大崎洋会長、愛知県大村秀章知事などのゲストが登壇しました。

CiP協議会撮影
CiP協議会撮影

日本eスポーツ連合JeSU岡村秀樹代表理事、日本音楽制作者連盟野村達矢理事長、映像産業振興機構市井三衛専務理事など各業界の代表も参加し、入山章栄早稲田大学ビジネススクール教授とCiP代表のぼくがMCを務めました。

CiP協議会撮影
CiP協議会撮影

CiP協議会は国家戦略特区である竹芝で「コンテンツ×デジタル」をテーマとする拠点づくりを進めています。2015年の設立以後多くのプロジェクトが同時進行し、コンテンツ産業界のみならず、メディア、IT、大学、自治体、政府と国内外のコミュニティを結ぶハブとしてイノベーションを誘発しています。

まず、コンテンツ・ビジネス・教育・テクノロジーの4象限のCiPマニュフェストが発表されました。

協議会発足当初のCiPビジョンを受け継ぎ、拠点の完成を機にさらなる飛躍を決意するものです。

そして、eスポーツを通じた教育を提供するコミュニティ「超eスポーツ学校」や、起業教育に取組む教育機関、メンターやVC等のコミュニティ「超・起業学校」、身体と技術を融合して人機一体のスポーツを開発する「超eスポーツ」の報告がありました。

CiP協議会撮影
CiP協議会撮影

「超」のつく発表の連続に、平井卓也議員から「超はBeyond Limits、今までの限界を超えるという意味。従来のやり方や既成概念を超えてほしい」とのコメント。平井さんはその足で自民党総裁選に向かい、その後新政権の目玉、デジタル担当の大臣に就任されました。

その他、音楽などコンテンツを世界に発信するエージェント「SYNC NETWORK JAPAN」や「世界オタク研究所」などのコンテンツに関するもの、ロボット、AI、IoT、5Gなど先端技術をまるごと実装する都市を作る「City & Tech委員会」などテクノロジーに関するものまで、9のプロジェクトが発表されました。

CiP協議会撮影
CiP協議会撮影

また、CiP協議会が協力し愛知県が進める、イノベーションの創出を目的としたスタートアップ支援拠点プロジェクト「ステーションAi」については、愛知県知事大村秀章氏が遠隔にて発表を行うなど、CiPプロジェクトの多様性やヨコ展開の可能性が共有されました。

CiP協議会は2021年にポップカルチャーにテクノロジーをかけ合わせたPop & Techのリアルイベント「ちょっと先のおもしろい未来」(Change Tomorrow)通称「チョモロー」の開催を計画しており、今後もこの竹芝をハブに日本全国、世界中とを結んでいく構想です。

慶應義塾大学稲蔭正彦教授が「2020年はBC/ACの境になる」と話しました。紀元前・紀元後に替わる、Beforeコロナ・Afterコロナの時代区分だと。そこでスタートする拠点は、新文明を作る場にしなければ。CiPとして決意を新たにした次第です。