著者講演資料より抜粋
著者講演資料より抜粋

ネット炎上対策を進めてきた「ニューメディアリスク協会」が体制を拡充・強化し、「デジタルリスク協会」と改称します。引き続き理事長を務めます。

その発表の記者会見を開きました。

ニューメディアリスク協会は2012年2月に設立。8年を経過しました。

ネット炎上の対策に力を入れていたので、「炎上協会」とも呼ばれていました。

当時、経営者や従業員のツイートやウェブにアップしたことでの炎上事件が多発。

企業責任をどう考えるのか、が重要事項でした。

コンビニのバイトが冷蔵庫に入って会社にも被害が及ぶ。どういう対策を打つのか。

スマホとソーシャルメディアの普及によって、みんなが映像をアップしてシェアする時代。光の反面、影もある、その対策を担う協会として発足しました。

ずいぶん手を打ち、ずいぶんユーザの対応も進んだと認識します。

しかしデジタル化はどんどん進みます。

仮想通貨やブロックチェーンにどう立ち向かうか。

情報銀行をどうとらえるか。

ビジネスチャンスもあれば、リスクもある。

それら新しいテーマについて、政治・行政を含む、政官産学が連携して対策を練り、提言するという活動を続けました。

スマート時代の次に、いよいよAIとIoTの時代が来ました。

次の波に備える必要があります。

アメリカも中国もEUもつばぜりあいを繰り返し、GAFAも国家とせめぎあっています。

テーマもプラットフォーム規制、課税、個人情報保護、セキュリティなど幅広い。

その波が一般企業を巻き込む、というのが昨年からの流れです。

データ駆動社会を示す言葉としてドイツがIndustry4.0、産業革命の延長論を唱えました。対して日本はSociety5.0、文明の転換論を打ち出しました。人類の創造物たるAIが人類の能力を超え、人類の創造物たるモノ同士がコミュニケーションする。人類史を前後期に分けるほどの事件であって、文明論で捉える日本の見方に賛成です。

そして今年は5Gのスタート。

4Gの延長ではなく、新しい時代の幕開けです。

のろしや手旗に始まった通信は、郵便、電話、そしてモバイルの1Gから4Gまで、ずっとパーソン・パーソンの、オーディオビジュアルでした。

5GはマシンマシンのIoTでデータの時代に入る。その大転換であるという認識が必要。

日本政府は今年をデジタル元年と呼ぶという。いまようやくデジタル化かよ、おせーな。

が、遅れていた日本のまるごとデジタルファースト移行への決意表明と受け取りました。

IT企業や先端企業だけでなく、地方や中小企業も含め個人商店も含め、ぜんぶデジタルになるということ。

たいへんなビジネスチャンスでありながら、大変なリスクも発生する。

想定不能のリスクが表面化する。

そこでニューメディアリスク協会も、この波を受け止め、名称をデジタルリスク協会に変更することとした。幅広いリスクに対応する考えです。

今年はソサエティ5、5G、そして5輪の年。

ゴーゴーゴー。

世界中の注目が集まり、世界のリスクも抱えます。

新生、デジタルリスク協会をよろしく。