東京湾岸に先端技術の集積地区を作ります。

画像
  • 著者作成

デジタル特区CiP。東京湾岸の竹芝に、2020年のオリパラに合わせて街開きすべく建設中です。39階建て、1.5haのビルを軸に、浜松町駅からゆりかもめ竹芝駅や埠頭の公園一帯の22haを先端技術とポップカルチャーが集積する地区とする計画です。店舗、オフィス、教育研究機関、イベント会場、道路・公園、そして海と空にわたる空間です。

ロボット、AI,IoT、5G、8K。Society5.0を形作る一連の技術は、実験ではなく実装の段階にあります。これら技術を実装する街を目指し、CiP協議会はこのほど「CT委」(City&Tech委員会)を発足させ、具体化を進めることにしました。

CT委には総務省、通信キャリア、通信メーカ、自動車メーカ、ソフトウェア、不動産、建設、慶應義塾大学、東京大学、情報通信研究機構、映像配信高度化機構、IPDCフォーラムなどが参画し、東京都、理研などの参加も見込まれています。

これまで5G、IoT、テレイグジスタンス、4K・8Kなどの要素技術を検証しながら、都市空間への実装を検討し、下記が具体化できる項目として挙がっています。この詳細を詰めるとともに、さらに項目を広げる予定です。

1 スマートモビリティ(自動運転)

2 ロボット活用(おもてなし、警備、テレイグジスタンス勤務)

3 ワイヤレス給電

4 超大型パブリックビューイング

5 サイネージ(防災)

6 ドローン輸送(海の手線)

7 街じゅうデジタルアート

8 データ流通プラットフォーム

この夏、総務省は先端技術を実装した2030年代の社会イメージとしてTECH 戦略「CHANGE by TECH」を発表しました。CT委はそれを先取りし、2020年に実現する構想を描きます。

また、内閣府は12月に「スーパーシティ」構想を公表、都市インフラからサービスを伴う情報インフラまで、統合的に実装する都市モデルを開発することとしています。CT委の構想はスーパーシティの先駆けになると考えています。

ラジオで世界中継をした1936年のベルリン・オリンピック。テレビで世界中継した前回1964年の東京オリンピック。全種目をネットで配信した2012年のロンドンオリンピック。ラジオ、テレビ、ネットの時代を経て、次のショウケースが2020Tokyoです。

5G、4K・8K、ロボット、ドローン、IoT、VR・AR,AI,ビッグデータ、ブロックチェーン。これらを塊として示すチャンス。分散ではなく集積で示す。Tokyoで示す。必然です。そして、そのモデルを2025大阪万博に熟成させていく。

しばらくTechの時期が続きます。