イベント「2020年、ポップ&テック」を開催しました。

 慶應義塾大学三田キャンパスで、「KMDフォーラム」を開催しました。大学院・慶應メディアデザイン(KMD)のフェス。ぼくが今回の当番教員でした。

 http://forum.kmd.keio.ac.jp/

画像

テーマは「2020年、ポップ&テック」。ポップ、テクノロジー、教育、ビジネス、スポーツ、デザインなどの最先端の人物を招きつつ、2020を問いました。

画像

大学の「プラットフォーム力」をデザインしてみたかった。デザイン、テクノロジー、マネジメント、ポリシーの4本柱と、産官学連携のリアルプロジェクトというKMDの哲学を活かし、いろんな人が参加して、みんなで創る日常をイベントとして体現してみました。

お越しいただいた主なかたがた:

ライゾマティクス斎藤精一社長、シン・ゴジラ樋口真嗣特技監督、XJAPAN SUGIZOさん、ホリプロ堀社長、吉田沙保里さん、遠藤利明前オリンピック大臣、伊藤達也元金融大臣、福田峰之衆議院議員、吉本興業木本公敏さん、サニーサイドアップ次原悦子社長、C Channel森川亮社長、夏野剛さん、水口哲也さん、谷田光晴さん、筑波大学落合陽一さん、政策大学院大学牧兼充さん、東京大学稲見昌彦さん、一橋大学石倉洋子さん、板尾創路さん、おかずクラブ、トータルテンボス、はんにゃ、タケト、大西ライオン、イシバシハザマ、もう中学生、デッカちゃん、内閣官房、内閣府、総務省、経産省、文科省代表。マンガ家、起業家、子どもたち、学者、学生、ドローンパイロット、力士、着ぐるみ軍団、女子着物集団など。もちろん稲蔭正彦、古川享、石戸奈々子らKMD教員も。

この、大臣からデッカちゃんまでというラインナップこそが、KMDという大学院の示せる価値でしょう。みなさんどうもありがとう。

画像

西校舎での特別企画「2020 ぼくらの開会式」では、リオ五輪の閉会式を担当したプロデューサなどメディア・アート分野を代表する5名が「デジタルテクノロジーが描く2020年未来の表現」と題し、開会式の提案を披露しました。

宇宙空間を使う壮大なプランが相次ぎました。総務省幹部はじめ、フロアからも各提案に対し的確なコメントが寄せられました。全てのプランを同時に実現すればいい、とぼくは考えました。

 

画像

リオ五輪の閉会式、「マリオの服脱ぐの早すぎ!」と安倍首相にダメ出しする板尾創路さんの横で、サニーサイドアップ次原社長は「五輪でみんなが健康になることをレガシーにすべき」とし、「開会式なんかやめればいい」と提案。

そうか、やめてもいいのかも。宇宙プランか、やめるか。客席に並ぶ五輪関係者たちを前に、極端な提案がぶつけられるのも、このイベントの価値であったのでしょう。

西校舎「ワークショップコレクションミニ」では、よしもと芸人7組も参加して、子ども向けワークショップを実施。芸人の鋭い渾身のボケに対し、よい子がスルーで返すというツッコミを見せていました。

画像

南校舎では、ARを用いた超人スポーツ「HADO」でレスリングの吉田沙保里選手らが対戦会を披露しました。「誰もが技術を身体に装着すれば、子どもでも吉田沙保里に勝てる。」昨年、超人スポーツ協会を設立した時からぼくが使っているキャッチフレーズです。

このステージ上で、6歳の男の子が吉田さんと対戦し、見事勝利を収め、キャッチを実現してくれました。ありがとう。

同時に、教育情報化に関するシンポジウム、起業家の卵たちのビジネスコンテスト、スペインIE Business Schoolとの協力による起業イベント、スタンフォード大学と共催の「IT政策研究会」なども開催されました。

画像

会場には21台のデジタルサイネージを設置し、放送波を使った通信サービス実験を行ったほか、世界の国々をイメージした着物 数十着のおねえさまがたがお越しになり、百体の着ぐるみ軍団がそれに対抗しました。規制をクリアして場内でドローンを飛ばし、鉄道模型も展示し、とにかくあれこれやりました。

 レポートをここにまとめておきます。

 http://bit.ly/2i9AsRV