ネットで音楽の接し方はどう変わった?

AMラジオ。テレビ。レコード。8トラ。FM。テープ。ライブ。アナログ世代のぼくは、大学生まで、こうやって音楽に接してきました。

社会人になるころ、CDが普及し、音楽は一気にデジタル化します。CD、MD、iPod。ぼくは音楽を大量消費して、携帯するようになりました。映像との接点も増えました。だからといって、音楽との距離や深みがさほど変わったわけではありません。関わりができあがり、凝り固まっていたからでしょう。

それからネット化します。Napster、iTunes、YouTube。着メロ、着うた、着うたフル。そしてサブスクリプションです。Spotify、AWA、LINE MUSIC、Apple music、Google Play Music・・・。

80年代に生まれたデジタル世代、90年代に生まれたネット世代は、CD以降、iPod以降、ケータイ以降、ネット以降、の音楽をどう聴いてきたのでしょう。ぼくのような60年代生まれのアナログ野郎とどう違うのでしょう。

ぼくのゼミには2000年代生まれのソーシャル世代はまだいませんが、デジタル・ネット世代は大勢いるので、音楽との関わりの変化について聞いてみました。

彼らの体験はほぼ共通しています。90年代後半にレンタルCDからMDに録音し、2000年ごろからはNapsterにmp3プレイヤー、それからiPodとiTunes、さらにはYouTubeとスマホに移り、今ストリーミングを試している、といいます。

それで、接し方はどう変わったのか。まず、アルバム単位から曲単位になったと言います。というより、アルバムという概念がありません。「ジャケ買い」もなくなったそうです。音楽を買う頻度と金額は激減したとも言います。

系統的に聴く、という感覚もなさそう。ぼくらは系譜で追っていました。ストーンズを学んでツェッペリンやグラムに行き、煮詰まってパンク、みたいな。だけど彼らは、全ての系譜、全ての歴史が洋モノも和モノも同時・水平に手に入っていて、大御所もストリートもフラットで、自分が接し得た、これイイよね、というものをフラットに聴く。全体像や相関を知っていないと不安という貧しいぼくらと違って、実にうらやましい。

全員が音楽との距離が「近くなった」と言います。音楽との関わりは「深くなった」という人もいれば、「カジュアル化した」というやつもいます。好きなアーティストをどんどん深掘りして、同じジャンルの曲を追い求めるようになったという人がいる一方、タダでAKBと嵐ばかり聴くとか、聴き放題でラジオ的に流すだけになったというやつもいるのです。

多様化ですね。アーティスト主義のひとは今もCD派で、サブスクリプションは不要というし、多くの音楽を求める人は新しいサービスに飛びつくし、そもそも聴かない人も、キュレーションやバイラルメディアで音楽に接する機会が増えた、という。

決定的な変化をもたらすのは、デバイスよりもSNSのようです。

楽曲やミュージシャンを知る機会、接する機会が増えた。友だちやフォローしている人の好みをシェアすることで、アーティストについて広く知るようになった。

CD、MD、iPadまでは音楽に無関心だったが、SNSで初めて聴くようになり、ライブにも出かけるようになったという者もいます。情報の共有と拡散で音楽に接近して、それがリアルの場に足を運ぶまでになっているのです。

「音楽とコミュニケーション」がポイントです。それは、音楽というコンテンツを軸として、コミュニケーションとコミュニティが活性化するソーシャルな現象。

アーティストとファンとのエンゲージメントと、ファン同士の絆を強めるという、音楽の「消費」から音楽の「共有・参加」への移行とも言えましょう。