人工知能は人間を超えるか

松尾豊さん「人工知能は人間を超えるか」を読みました。東ロボくん、自動運転、Pepper、迷惑メールのフィルタリング、金融市場取引、ルンバ、Siri。東大工学系研究科でAI、ウェブ、ビッグデータを研究する筆者がAIのメカニズムを解説します。

AIは単純な制御プログラムのレベルを脱し、ビッグデータの機械学習とディープラーニングの大波によって、3回めのブームを迎えているといいます。これは「AI研究における50年来のブレークスルー」とみます。バズワードではなく、進化の分岐点という見方ですね。

80年代、10年で570億円を費やした通産省「第5世代コンピュータ」は、「時代を先取りしすぎた」。でも、「勝つために振る価値のあるサイコロだった。「そのために日本はAIに関する人材が厚い」と評価します。

そうですか。ぼくは通産省第5世代コンピュータを横目で睨みつつ、電電公社の株式売却益をあてこんで郵政省で自動翻訳電話プロジェクトを立ち上げたんで、批判も評価もする資格なしであります。

AIやロボットが人に置き換わる可能性が話題になっていますよね。本書によれば、デロイト社は英国の仕事の35%が今後20年でロボットに置き換えられる可能性を指摘。オックスフォード大は今後20年位内に米国の職業の半分が失われる可能性を指摘。

多くの識者がこれをよく引くのは、その蓋然性が高まっているということなのでしょう。さらに本書は、「医療、法務、会計・税務というのは、最もAIが入ってきやすい領域」といいます。じゃあL系大学増やしてもダメってことですか!

「教育は、データ分析によってもっと進化する分野」とも指摘します。なんですけどね。ビッグデータの教育利用はカベが厚いんです。医療、法務などと同様、組合・ギルドの力が強くて、データやAIはおろかITの利用が進んでませんから。結局、技術の進化を抑えるのは、人ってことですかね。

「音楽や絵画といった芸術の世界にもAIの進出は及ぶかもしれない。」映画やテレビ番組などのコンテンツ制作、ファッションや食などでもこの手法が主流になることも考えられる。」ううむ。ぼくが一番気になるのは、クリエイティブ分野にAIがどこまで来るか、ということ。AIがヒトに残してくれる領域はあるのかな?