世界のデジタルマンガ潮流 前編

海外マンガフェスタの一環で、「世界のデジタルマンガ潮流」なるシンポを開催。アメコミの巨星、ジム・リーさん、トロント・コミック・アートフェスのクリス・ブッチャーさんとともに登壇しました。市ヶ谷のDNP(大日本印刷)にて。ぼくが答弁したことをメモします。

●マンガの魅力とは?

ぼくの体の3割はマンガでできています。残りは音楽と酒です。今日はマンガファンとして参加しました。

マンガはストーリー、絵、文字を一人で紡ぎだす、世界を一人でつくり上げる表現。全ての表現の種類の中で、マンガ家を最も尊敬しています。

映画でも小説でも絵本でもなく、マンガでしか表現できないものがあります。マンガをいくらアニメや実写映画にしても、どうしても原作とは同じにならない。独自の表現様式です。

小説と違って言葉の壁を超えやすい。子どもから大人まで楽しめるという親しみやすさも特徴。そして、映像と違って、読み方・読むスピードが読者に委ねられる。とても読者に寄り添う表現です。

北米には北米のマンガ文化があります。ヨーロッパにはヨーロッパの、日本には日本の文化があります。どれもすばらしい。それが他の国々に広がりつつあります。多元的な世界を作るのに役立つことを期待します。

●デジタルによる変化は?

先日、ソウルでユン・イナンさんに会いました。韓国を代表するマンガ作家であり、編集者であり、プロデューサ。

彼は日本で紙のマンガを連載すると同時に、韓国でウェブやスマホ向けの連載をしています。ネームはスマホで手描きして、地方にいる作家や東京の出版社とはスカイプでやりとりしています。その後それら作品を動画作品にしてビジネスを回しています。

マンガの書き方も編集もメディアも、ビジネスモデルも、全てデジタルで塗り替わります。彼はぼくの博士課程の学生で、論文を書けばすぐ博士号がとれるのですが、それどころではないようです。

ビジネス面も、表現も変わります。

世界中の人びとがスマホで読むようになります。これは紙のマンガにとっては脅威かもしれないが、世界的なマンガの大衆化が進むということであり、ビジネスが一気に世界規模になるということ。出版社にとってはピンチでもあり、チャンスでもあります。

マンガの表現そのものが変わります。韓国では、スマホ向けにスワイプやスクロールではなく、タップすることで切り替わるマンガが開発されています。マンガであり、アニメであり、小説であり、そのどれでもないジャンルが現れるでしょう。

読まれ方も変わります。ソーシャルメディア上で表現されるマンガも登場しています。マンガを一つのネタとして、コミュニティが盛り上がります。映画をみんなで見たり、スポーツをパブリックビューで楽しむようなソーシャルマンガも現れてくるでしょう。

紙がデジタルに置き換わるのは小さな話。デジタルで新しい表現が生まれてくる、マンガの世界が広がる、のがポイントだと思います。