マンガの人材育成と国際連携

さきごろ、文科省「アニメ・マンガ産学官連携コンソーシアム」の統括委員会が開催されました。アニメ・マンガの人材育成のため、カリキュラム開発、デジタル制作支援、キャリアアップサポートなどを行う政策で、ぼくが委員長を務めています。

この委員会は3年目になり、一区切りと見込まれていましたが、文科省が理解を示し、あと2年続ける可能性が出てきました。産学連携で、デジタルマンガフォーラム、アニメ人材育成センターの発足にこぎつけたいと考えています。

特に、デジタル対応を急いでいます。

電子書籍・雑誌は2013年に1013億円。うちコミックは731億円。デジタル書籍の7割がマンガなんですね。プロの作家がデジタルに移行する過渡期にあります。その対策・支援が必要です。デジタル作画・制作・編集のできる教育の場、そしてそれがビジネスにつながる仕組み、を作りたい。竹芝CiPもお役に立ちたいと考えています。

「デジタルマンガキャンパスマッチ2014」も進んでいます。新人発掘・育成からビジネス化までをプロデュースする企画で、里中満智子さんらマンガ家のかたがた、講談社集英社小学館ら10社のコミック編集部、そして70の専門学校・大学が参加しています。こちらは実行委員長を務めます。

日本はマンガ先進地ですが、海外との連携も進め、国際的な底上げも大事です。そこで委員会の当日、「海外マンガフェスタ」のシンポジウムも開催しました。フランス、イタリア、スペイン、ロシアの関係者に加え、ちばてつや先生、里中満智子先生。マンガの国際化・デジタル化について語りました。

フランスでは全マンガの4割が日本マンガ。スペインは輸入マンガの2割が日本モノ。イタリアではマンガの影響で日本語を学ぶ人が増えたとの報告がありました。ロシアはソ連からの体制変更でようやく海外文化が流入してきたので、それよりも少し遅い。

ただ、いずれも紙文化が強くて、電子書籍・デジタルものは少なく、まだこれからとのことです。日本のほうが先行しているようです。

ちばてつや先生は、デジタル化への大きな変わり目にあると指摘。里中満智子先生も、紙資源の問題と流通の問題からデジタルへの移行は必然との認識で、ツールが豊富になり、デビューもしやすいなど、デジタル対応のメリットを指摘。ただ両者とも著作権や違法コピー問題に懸念を表明していました。

このあたり、課題は共通なのですが、これまで国際交流は少なかった。ちばてつや先生がマンガのもつグローバル性に着目し、やなせたかし先生の「マンガが読まれている国は平和」という言葉をひいて、マンガ分野の国際対話を促したのが強い印象を残しました。