ワークショップコレクション10!

画像

2014年8月29日(金)、30日(土)、東京・渋谷区の青山学院大学で開催した記念すべき第10回目のワークショップコレクション。これまでの集大成、また新たな1歩をふみだす新しい取り組みとしてさまざまな企画が目白押しとなりました。

造形、工作、デジタル、映像、音楽、ダンス…多様なジャンル、100以上ものワークショッププログラムに加え、世界的にも盛り上がりを見せているプログラミング学習や、3Dプリンター、ロボットなど、新しいテクノロジーを活用した学びのブースの数々。

今回の新たなチャレンジは、ワークショップコレクションと同時開催した「クリエイティブキッズデイ」。全国各地で同時にこどもたちのための場をつくる試み。このこどもたちの「創る」を応援する年に1度のお祭りに全国各地から約150ワークショップもご参加頂きました。

画像

今年は慶應から青学に移り、装いも一新しましたが、広くて新しくて雰囲気もよく、来場者の満足度は高かったと感じます。みなさんありがとうございました。特に青学関係者のおもてなし対応がとてもよく、主催者・出展社側の好感度も高かったようです。ありがとうございました。

プログラムも時代の流れを反映し、デジタルもの、プログラム教育ものが増えました。ラズベリーパイという小型のコンピュータと、MITが開発した子ども用プログラミング言語Scratchとを組み合わせたプログラミング学習がいくつも参加していました。

ワークショップコレクション主催団体のCANVASがGoogleと連携して進めているプログラミング学習プロジェクト「PEG」もゲーム作り、ロボット作りワークショップを実施しました。

画像

ロボットものが増えたのも今年の特徴です。デジタル、プログラミング、ロボティクスへの拡張に成功したと思います。

画像

今回、大学キャンパスから街に飛び出しました。全国同時のクリエイティブキッズデイも実施。愛知、京都、沖縄などでも開催してもらってワークショップを実施。全国への展開、これが本来ワークショップコレクションが目指していたこと。10年目にしてようやくです。

画像

な~んてエラそうにレポートしましたが、ぼくは何もしてません。全てCANVASはじめスタッフと出展社はじめ関係者がなしとげたことです。みなさんに拍手を送りつつ、また次回。