テレビってなくなるのかな。

テレビは、日本語です。テレビジョンでも、TVでもなく、テレビ。ああ、テレビ。実に良い響きです。スターバックスをスタバと呼び、マクドナルドをマクドと呼び(関西だけだが)、ブラッドピットをブラピと呼ぶ。日本の芸当です。

だが、テレビという言葉は、なくなるのかもしれません。何がテレビなんだかわからなくなっているからです。

むかしテレビは茶の間にデンと構え、見ない時はレースのカーテンで覆われてあがめられていました。それが2台目、3台目と個室にも入り始め、しまいにゃケータイのワンセグでふとんの中でいじくられるようになってしまいました。

ところで以前、チャンネルは「回す」ものでしたが、いつの間にかリモコンでピッするものになり、近頃は画面をクリックするものになっています。電話もダイヤルを回したものですが、最近は番号を押すこともせず、相手の名前をひと押しです。若い連中は「回す」ことを知りません。あのガチャガチャした手触り、ジコジコ右に巻く指先の感覚を知らないのです。かわいそうなことです。

まあいい。機械としてのテレビじゃなくて、番組としてのテレビはどうでしょう。それはもうDVDも売ってるし、ユーチューブで見ることもできます。公共の電波、というやつだって、ケーブルのネットが補完しています。

茶の間の機械で、電波を受けて、放送局の番組を見る、という昭和な姿はもう失われるのかもしれません。テレビが登場するまでその位置にいたラジオは既に家から消えて、パソコンやスマホでネット経由の番組を聴く人が増えています。

テレビもそうなるのなあ。スマホで、ネット経由で、テレビ局が送る番組を見る、のが主流になるのかなぁ。でもそれは他の世界中の映像会社との競争になります。その頃にはテレビ局じゃなくて、スマート局とか映像局とか呼ばれているのかもしれません。

放送局に「局」という字が使われているのは、郵便局や電報電話局のように、地域の公共的な役割が求められているからでしょう。電報電話局はNTT民営化で支店とか営業所なんていう乾燥した名前に変わっちゃったけど、放送局は自分たちをいつまでそう呼ぼうとするかな。

でも、テレビがテレビでなくなって、何か困るかな。スマホやネットでも楽しめるようになれば利用者はうれしい。テレビ局にとっては、ネット系のエンタテイメントや世界の放送局が攻めこんできて、ピンチかもしれない。だけど、世界中がそうなるなら、日本のテレビ文化が世界のスマホに出て行けるチャンスでもあるわけで。