メディアの分野で人材をどう育てますかね

大学教授に転じた世界的なメディアアーティストK氏と、こういう新しい分野で人をどう育てればよいのかと話し込みました。

メディアやコンテンツのように変化し進化する先進分野と、できあがった伝統分野とでは体系に強弱があります。いや、体系がないのを前者とするということかもしれません。メディア芸術にしろ総合政策にしろ、前者に属する分野の学部名は長くなりがちで、後者のように、法、文、工、理、医と一文字で表せる格は得ていません。体系的に教えること、学ぶことにも違いがあります。

世界的なロックミュージシャンがコンセルヴァトアールやバークレーを出たなんて例は乏しいし(だから「ピアノの森」は痛快だ)、世界的なマンガ家がロンドン芸大や東京芸大を修めたという例も寡聞です(手塚治虫が医学博士号を修めたという例はある)。こういう分野では、「育てる」という行為が成り立つのか。「学ぶ」という努力が成り立つのか。

90年代初め、日本にコンテンツ政策を立ち上げるに当たり、マンガ・アニメなどのポップカルチャーを育成する高等教育機関が最大の問題とされ、その増強が政策課題とされました。ぼくもその政策に携わりました。

以後、さまざまな努力が続けられ、そうした機関は増えてきました。京都精華大学のように、マンガの大学院も持ち、世界的な女性マンガ家が学長に就く事例もみられるようになりました。ぼくも今その手の新設大学院に身を置いています。文科省のマンガ・アニメ人材育成事業にも参加しています。

いずれはロックもマンガも音大や芸大で基礎の修練を積んだ人たちだけがプロとして生きられる世界になるのかもしれません。いや、いつまでもロックもマンガもパンクな様式破壊を繰り返し、体系ができあがらないのかもしれません。今はまだ、体系を作る努力と、体系を崩す挑戦とがせめぎあう段階なのでしょう。

ぼくは教員であると同時に、政策屋・プロジェクト屋ですが、どこかの教育機関に体系的に学んだことはありません。政策の企画立案は霞ヶ関の秘伝です。今でこそ官僚が大学に転身し、政策を論じていますが、ぼくらの時代にはOJTしかありませんでした。マンガと同じです。ぼくも実体験を通じた独自のメソッドを学生に伝えることになります。

体系なんぞお構いなしに、自分のコピーを大量生産すべく、自分のメソッドを押しつけるのが健康の秘訣なのかもしれません。でもぼくは、自分のコピーを生むことは世間に申し訳ないし、まして人格は言わずもがなですんで、お構いなしにパンクなプロジェクトに没頭するのでありました。どうもすみません。