知財本部、新ラウンド 前篇

政府・知財本部、コンテンツ会議の新ラウンドが始まりました。引き続き座長を務め、吉本興業大崎社長、角川歴彦さん川上量生さん、久夛良木健さん、竹宮恵子さん、レコ協斉藤会長、松竹迫本社長、ニッポン放送重村会長、写真著作権協会瀬尾さんらとともに議論をして参ります。

まずはアーカイブの件から。

文科省「アーカイブ推進のためのデータベースを構築している。メディア芸術デジタル・アーカイブ事業で基礎データを作成していく。既にマンガは単行本25万冊・雑誌12万冊、アニメ9000タイトル、ゲーム35000件の基礎データを作成した。」

経産省「テレビ映画、アニメキャラ等海外向けポータルJAPACONはレコ協斉藤さんが会長、瀬尾さんが主査。これとの連携を強化する。」

力こぶが込められています。

国立国会図書館のアーカイブ化は、平成21年度の補正予算127億円と著作権法改正のセットで進みました。日本をアーカイブ大国にするには、こうしたパンチの効いた取組をもう5ラウンドぐらいやらなきゃいけません。

問題は、民間が自主的に進めつつも手の薄い分野。

久夛良木さん「CESAでゲーム・アーカイブの議論が始まった。データ・資料も散逸しつつある中、ゲーム・アーカイブへの取組が重要。」

久夛良木さんの活動に頭がさがります。ぼくも汗をかきたい。政府も手伝って!

重村さん「放送コンテンツも消滅する。どの程度残っているかの実態も不明。政府内でのリーダーシップが必要。」

関西テレビ「どてらい男捜索プロジェクト」なんて、涙ぐましいですもんね。

NHK木田さん「NHKアーカイブ85万本はあと4年でデジタル化するが、公開できる著作権処理は10年で1%。あと1000年かかる。」

やばいです。

瀬尾さん「アーカイブは個々には進んでいるが、全体を統括するセクターが不明。これはネットワーク・システム。統合策が重要。」 

ということです。同時に瀬尾さんは「著作権、法改正は一つのツールに過ぎず、契約やシステムなどを含む総合的な政策を考えるべき。」とおっしゃる。強く同意します。

ビッグデータについて。

知財本部「10月、政府は1万件以上のデータセットを自由利用できるよう対応。国に著作権があるものは商用利用を含め二次利用を可能とした。」

知財本部「パーソナルデータ利用促進と個人情報・プライバシー保護の両立策を図る個人情報保護法などの法改正を準備中。」

がんばってくれています。一方、教育情報化は文科省がデジタル教科書を正規化するための課題を整理中といいます。そんな整理はもうできていると思いますが、これについては話し始めるとイラつくので、別途。