東京オリンピックと情報インフラ

53歳になるぼくの最初の記憶は、東京五輪の聖火ランナーです。テレビではありません。広い道路を走る人を肉眼で見ながら旗を振ったんです。前回の五輪はメディアの整備よりも新幹線や高速道路、物流と交通のネットワーク整備に力が注がれました。工業社会でした。

次の五輪は情報社会まっただ中で開かれます。国際都市で催されます。しかも開発型の五輪の次は、成熟型の五輪でなければなりません。安全で落ち着いた成熟国家が国際社会に対して示すモデルとなる情報インフラが欲しい。

前回の五輪の頃からテレビと電話の整備に拍車がかかりました。1980年代中盤にはアナログの全国網が整備され、通信自由化や放送メディアの多様化が進みました。90年代に入ると、それらが一斉にデジタル化に向かいました。パソコンやケータイが普及し、ネットと地デジが整備されました。

最近またそれらがリニューアルされています。スマホやタブレット、サイネージへと「マルチスクリーン化」が進み、コンテンツは海外のネット企業が配信し、LINEやFacebookなどのソーシャルメディアが新しいコミュニティを生んでいます。

既に日本はデジタルネットワークの面では世界最先端です。でも、課題もあります。まずwifi。世界中のかたがたをもてなすには、東京のいたるところで無線ブロードバンドが使えるように準備しておきたい。

そして放送の電波の利用。地デジは整備されましたが、新しいサービスが提供されるのはこれからが本番。放送にネット技術を組み合わせた「マルチメディア放送」も始まります。通信網も放送網も合わせて、次世代の映像サービスが利用できるようにしたい。

五輪のころにはもう通信も放送も関係なく、街中のサイネージが世界からのお客さまをもてなし、持ち込まれたスマホで全競技の中継が見られるようにすべきでしょう。4K8Kパブリックビューイングや多言語案内表示も整備すべきです。

ぼくが代表を務める「デジタルサイネージコンソーシアム」は、2020年に向け、そうした内容の提言を発出しました。コンソーシアム内に「オリンピック委員会」も設け、対応を本格化させます。

世界中の人たちと多言語パブリックビューイングで楽しみながら、手元のスマホで応援メッセージを発したり、選手の使っているスポーツグッズを買ったり、ソーシャルメディアでつながってパーティーに繰り出したり。ワクワクして、だけどどこよりも安全なトーキョー、そしてニッポンを演出したい。

五輪に向け、東京都港区、竹芝地区の都有地を再開発し、コンテンツ産業集積地を形成するプロジェクトも始まりました。新しい情報インフラの形成に向かいます。